AWS SDK またはコマンドラインツールGetDatabasesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetDatabasesで を使用する

以下のコード例は、GetDatabases の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

AWS Glue データカタログの一部またはすべてのデータベースの定義を一覧表示するには

次の get-databases の例では、データカタログのデータベースに関する情報を返します。

aws glue get-databases

出力:

{ "DatabaseList": [ { "Name": "default", "Description": "Default Hive database", "LocationUri": "file:/spark-warehouse", "CreateTime": 1602084052.0, "CreateTableDefaultPermissions": [ { "Principal": { "DataLakePrincipalIdentifier": "IAM_ALLOWED_PRINCIPALS" }, "Permissions": [ "ALL" ] } ], "CatalogId": "111122223333" }, { "Name": "flights-db", "CreateTime": 1587072847.0, "CreateTableDefaultPermissions": [ { "Principal": { "DataLakePrincipalIdentifier": "IAM_ALLOWED_PRINCIPALS" }, "Permissions": [ "ALL" ] } ], "CatalogId": "111122223333" }, { "Name": "legislators", "CreateTime": 1601415625.0, "CreateTableDefaultPermissions": [ { "Principal": { "DataLakePrincipalIdentifier": "IAM_ALLOWED_PRINCIPALS" }, "Permissions": [ "ALL" ] } ], "CatalogId": "111122223333" }, { "Name": "tempdb", "CreateTime": 1601498566.0, "CreateTableDefaultPermissions": [ { "Principal": { "DataLakePrincipalIdentifier": "IAM_ALLOWED_PRINCIPALS" }, "Permissions": [ "ALL" ] } ], "CatalogId": "111122223333" } ] }

詳細については、「AWS Glue デベロッパーガイド」の「データカタログにデータベースを定義する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDatabases」の「」を参照してください。 AWS CLI

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

const getDatabases = () => { const client = new GlueClient({}); const command = new GetDatabasesCommand({}); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetDatabases」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript