AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteSAMLProviderで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteSAMLProviderで を使用する

以下のコード例は、DeleteSAMLProvider の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

SAML プロバイダーを削除するには

この例では、ARN が arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAMLADFSProvider である IAM SAML 2.0 プロバイダーを削除します。

aws iam delete-saml-provider \ --saml-provider-arn arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAMLADFSProvider

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM SAML ID プロバイダーの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「AWS CLI コマンドリファレンス」の「DeleteSAMLProvider」を参照してください。

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import { DeleteSAMLProviderCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} providerArn * @returns */ export const deleteSAMLProvider = async (providerArn) => { const command = new DeleteSAMLProviderCommand({ SAMLProviderArn: providerArn, }); const response = await client.send(command); console.log(response); return response; };
  • API の詳細については、「AWS SDK for JavaScript API リファレンス」の「DeleteSAMLProvider」を参照してください。

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、ARN が arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAMLADFSProvider である IAM SAML 2.0 プロバイダーを削除します。

Remove-IAMSAMLProvider -SAMLProviderArn arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAMLADFSProvider
  • API の詳細については、「AWS Tools for PowerShell コマンドレットリファレンス」の「DeleteSAMLProvider」を参照してください。