AWS SDK またはコマンドラインツールDetachUserPolicyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDetachUserPolicyで を使用する

以下のコード例は、DetachUserPolicy の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

ユーザーからポリシーをデタッチするには

この例では、ARN arn:aws:iam::123456789012:policy/TesterPolicy を持つ管理ポリシーをユーザー Bob から削除します。

aws iam detach-user-policy \ --user-name Bob \ --policy-arn arn:aws:iam::123456789012:policy/TesterPolicy

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM ユーザーのアクセス許可の変更」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDetachUserPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、ARN が arn:aws:iam::123456789012:policy/TesterPolicy である管理ポリシーを Bob という名前の IAM ユーザーからデタッチします。

Unregister-IAMUserPolicy -UserName Bob -PolicyArn arn:aws:iam::123456789012:policy/TesterPolicy

例 2: この例では、Theresa という名前の IAM ユーザーにアタッチされているすべての管理ポリシーを検索し、それらのポリシーをユーザーからデタッチします。

Get-IAMAttachedUserPolicyList -UserName Theresa | Unregister-IAMUserPolicy -Username Theresa
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDetachUserPolicy」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def detach_policy(user_name, policy_arn): """ Detaches a policy from a user. :param user_name: The name of the user. :param policy_arn: The Amazon Resource Name (ARN) of the policy. """ try: iam.User(user_name).detach_policy(PolicyArn=policy_arn) logger.info("Detached policy %s from user %s.", policy_arn, user_name) except ClientError: logger.exception( "Couldn't detach policy %s from user %s.", policy_arn, user_name ) raise
  • API の詳細については、DetachUserPolicyAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Detaches a policy from a user # # @param user_name [String] The name of the user # @param policy_arn [String] The ARN of the policy to detach # @return [Boolean] true if the policy was successfully detached, false otherwise def detach_user_policy(user_name, policy_arn) @iam_client.detach_user_policy( user_name: user_name, policy_arn: policy_arn ) @logger.info("Policy '#{policy_arn}' detached from user '#{user_name}' successfully.") true rescue Aws::IAM::Errors::NoSuchEntity @logger.error("Error detaching policy: Policy or user does not exist.") false rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e @logger.error("Error detaching policy from user '#{user_name}': #{e.message}") false end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDetachUserPolicy」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

pub async fn detach_user_policy( client: &iamClient, user_name: &str, policy_arn: &str, ) -> Result<(), iamError> { client .detach_user_policy() .user_name(user_name) .policy_arn(policy_arn) .send() .await?; Ok(()) }
  • API の詳細については、DetachUserPolicyAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。