AWS SDK または CLI GenerateCredentialReportで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI GenerateCredentialReportで を使用する

以下のコード例は、GenerateCredentialReport の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

認証情報レポートを生成するには

次の例では、アカウントの認証情報レポートを生成しようとします AWS 。

aws iam generate-credential-report

出力:

{ "State": "STARTED", "Description": "No report exists. Starting a new report generation task" }

詳細については、AWS 「IAM ユーザーガイド」の AWS 「アカウントの認証情報レポートの取得」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGenerateCredentialReport」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、4 時間ごとに実行できる新しいレポートの生成を要求しています。最新のレポートがまだ新しい場合、[状態] フィールドには COMPLETE と表示されます。Get-IAMCredentialReport を使用して、完成したレポートを表示します。

Request-IAMCredentialReport

出力:

Description State ----------- ----- No report exists. Starting a new report generation task STARTED
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGenerateCredentialReport」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def generate_credential_report(): """ Starts generation of a credentials report about the current account. After calling this function to generate the report, call get_credential_report to get the latest report. A new report can be generated a minimum of four hours after the last one was generated. """ try: response = iam.meta.client.generate_credential_report() logger.info( "Generating credentials report for your account. " "Current state is %s.", response["State"], ) except ClientError: logger.exception("Couldn't generate a credentials report for your account.") raise else: return response
  • API の詳細については、 GenerateCredentialReport AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。