AWS SDK またはコマンドラインツールGetAccountSummaryで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetAccountSummaryで を使用する

以下のコード例は、GetAccountSummary の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

現在のアカウントの IAM エンティティの使用状況と IAM クォータに関する情報を取得するには

次の get-account-summary コマンドは、アカウント内の現在の IAM エンティティの使用状況と現在の IAM エンティティのクォータに関する情報を返します。

aws iam get-account-summary

出力:

{ "SummaryMap": { "UsersQuota": 5000, "GroupsQuota": 100, "InstanceProfiles": 6, "SigningCertificatesPerUserQuota": 2, "AccountAccessKeysPresent": 0, "RolesQuota": 250, "RolePolicySizeQuota": 10240, "AccountSigningCertificatesPresent": 0, "Users": 27, "ServerCertificatesQuota": 20, "ServerCertificates": 0, "AssumeRolePolicySizeQuota": 2048, "Groups": 7, "MFADevicesInUse": 1, "Roles": 3, "AccountMFAEnabled": 1, "MFADevices": 3, "GroupsPerUserQuota": 10, "GroupPolicySizeQuota": 5120, "InstanceProfilesQuota": 100, "AccessKeysPerUserQuota": 2, "Providers": 0, "UserPolicySizeQuota": 2048 } }

エンティティの制限の詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM および AWS STS クォータ」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetAccountSummary」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、 AWS アカウント内の現在の IAM エンティティの使用状況と現在の IAM エンティティのクォータに関する情報を返します。

Get-IAMAccountSummary

出力:

Key Value Users 7 GroupPolicySizeQuota 5120 PolicyVersionsInUseQuota 10000 ServerCertificatesQuota 20 AccountSigningCertificatesPresent 0 AccountAccessKeysPresent 0 Groups 3 UsersQuota 5000 RolePolicySizeQuota 10240 UserPolicySizeQuota 2048 GroupsPerUserQuota 10 AssumeRolePolicySizeQuota 2048 AttachedPoliciesPerGroupQuota 2 Roles 9 VersionsPerPolicyQuota 5 GroupsQuota 100 PolicySizeQuota 5120 Policies 5 RolesQuota 250 ServerCertificates 0 AttachedPoliciesPerRoleQuota 2 MFADevicesInUse 2 PoliciesQuota 1000 AccountMFAEnabled 1 Providers 2 InstanceProfilesQuota 100 MFADevices 4 AccessKeysPerUserQuota 2 AttachedPoliciesPerUserQuota 2 SigningCertificatesPerUserQuota 2 PolicyVersionsInUse 4 InstanceProfiles 1 ...
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetAccountSummary」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def get_summary(): """ Gets a summary of account usage. :return: The summary of account usage. """ try: summary = iam.AccountSummary() logger.debug(summary.summary_map) except ClientError: logger.exception("Couldn't get a summary for your account.") raise else: return summary.summary_map
  • API の詳細については、 GetAccountSummary AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。