AWS SDK またはコマンドラインツールGetCredentialReportで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetCredentialReportで を使用する

以下のコード例は、GetCredentialReport の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

認証情報レポートを取得するには

この例では、返されたレポートを開き、それをテキスト行の配列としてパイプラインに出力します。

aws iam get-credential-report

出力:

{ "GeneratedTime": "2015-06-17T19:11:50Z", "ReportFormat": "text/csv" }

詳細については、AWS 「IAM ユーザーガイド」の「 AWS アカウントの認証情報レポートの取得」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCredentialReport」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、返されたレポートを開き、それをテキスト行の配列としてパイプラインに出力します。最初の行は、カンマで区切られた列名のヘッダーです。連続する各行は 1 人のユーザーの詳細行で、各フィールドはカンマで区切られています。レポートを表示するには、Request-IAMCredentialReport コマンドレットを使用してレポートを生成する必要があります。レポートを 1 つの文字列として取得するには、-AsTextArray ではなく -Raw を使用します。-AsTextArray スイッチには、エイリアス -SplitLines も使用できます。出力の列の完全なリストについては、サービス API リファレンスを参照してください。-AsTextArray または -SplitLines を使用しない場合は、.NET StreamReader クラスを使用して、.Content プロパティからテキストを抽出する必要があることに注意してください。

Request-IAMCredentialReport

出力:

Description State ----------- ----- No report exists. Starting a new report generation task STARTED
Get-IAMCredentialReport -AsTextArray

出力:

user,arn,user_creation_time,password_enabled,password_last_used,password_last_changed,password_next_rotation,mfa_active,access_key_1_active,access_key_1_last_rotated,access_key_2_active,access_key_2_last_rotated,cert_1_active,cert_1_last_rotated,cert_2_active,cert_2_last_rotated root_account,arn:aws:iam::123456789012:root,2014-10-15T16:31:25+00:00,not_supported,2015-04-20T17:41:10+00:00,not_supported,not_supported,true,false,N/A,false,N/A,false,N/A,false,N/A Administrator,arn:aws:iam::123456789012:user/Administrator,2014-10-16T16:03:09+00:00,true,2015-04-20T15:18:32+00:00,2014-10-16T16:06:00+00:00,N/A,false,true,2014-12-03T18:53:41+00:00,true,2015-03-25T20:38:14+00:00,false,N/A,false,N/A Bill,arn:aws:iam::123456789012:user/Bill,2015-04-15T18:27:44+00:00,false,N/A,N/A,N/A,false,false,N/A,false,N/A,false,2015-04-20T20:00:12+00:00,false,N/A
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetCredentialReport」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def get_credential_report(): """ Gets the most recently generated credentials report about the current account. :return: The credentials report. """ try: response = iam.meta.client.get_credential_report() logger.debug(response["Content"]) except ClientError: logger.exception("Couldn't get credentials report.") raise else: return response["Content"]
  • API の詳細については、GetCredentialReportAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。