AWS SDK またはコマンドラインツールGetRolePolicyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetRolePolicyで を使用する

以下のコード例は、GetRolePolicy の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

IAM ロールにアタッチされたポリシーに関する情報を取得するには

次の get-role-policy コマンドは、Test-Role という名前のロールにアタッチされている指定されたポリシーに関する情報を取得します。

aws iam get-role-policy \ --role-name Test-Role \ --policy-name ExamplePolicy

出力:

{ "RoleName": "Test-Role", "PolicyDocument": { "Statement": [ { "Action": [ "s3:ListBucket", "s3:Put*", "s3:Get*", "s3:*MultipartUpload*" ], "Resource": "*", "Effect": "Allow", "Sid": "1" } ] } "PolicyName": "ExamplePolicy" }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM ロールの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRolePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、IAM ロール lamda_exec_role に埋め込まれている oneClick_lambda_exec_role_policy という名前のポリシーのアクセス許可ポリシードキュメントを返します。結果のポリシードキュメントは URL エンコードされます。この例では、UrlDecode .NET メソッドを使用してデコードされています。

$results = Get-IAMRolePolicy -RoleName lambda_exec_role -PolicyName oneClick_lambda_exec_role_policy $results

出力:

PolicyDocument PolicyName UserName -------------- ---------- -------- %7B%0A%20%20%22Version%22%3A%20%222012-10-17%22%2C%... oneClick_lambda_exec_role_policy lambda_exec_role
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Web.HttpUtility") [System.Web.HttpUtility]::UrlDecode($results.PolicyDocument)

出力:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "logs:*" ], "Resource": "arn:aws:logs:*:*:*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetObject", "s3:PutObject" ], "Resource": [ "arn:aws:s3:::*" ] } ] }
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetRolePolicy」の「」を参照してください。