AWS SDK またはコマンドラインツールGetRoleで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetRoleで を使用する

以下のコード例は、GetRole の使用方法を示しています。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Get information about an IAM role. /// </summary> /// <param name="roleName">The name of the IAM role to retrieve information /// for.</param> /// <returns>The IAM role that was retrieved.</returns> public async Task<Role> GetRoleAsync(string roleName) { var response = await _IAMService.GetRoleAsync(new GetRoleRequest { RoleName = roleName, }); return response.Role; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

IAM ロールに関する情報を取得するには

次の get-role コマンドは、Test-Role という名前のロールに関する情報を取得します。

aws iam get-role \ --role-name Test-Role

出力:

{ "Role": { "Description": "Test Role", "AssumeRolePolicyDocument":"<URL-encoded-JSON>", "MaxSessionDuration": 3600, "RoleId": "AROA1234567890EXAMPLE", "CreateDate": "2019-11-13T16:45:56Z", "RoleName": "Test-Role", "Path": "/", "RoleLastUsed": { "Region": "us-east-1", "LastUsedDate": "2019-11-13T17:14:00Z" }, "Arn": "arn:aws:iam::123456789012:role/Test-Role" } }

このコマンドは、ロールにアタッチされている信頼ポリシーを表示します。ロールにアタッチされているアクセス許可ポリシーを一覧表示するには、list-role-policies コマンドを使用します。

詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ロールの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// RoleWrapper encapsulates AWS Identity and Access Management (IAM) role actions // used in the examples. // It contains an IAM service client that is used to perform role actions. type RoleWrapper struct { IamClient *iam.Client } // GetRole gets data about a role. func (wrapper RoleWrapper) GetRole(roleName string) (*types.Role, error) { var role *types.Role result, err := wrapper.IamClient.GetRole(context.TODO(), &iam.GetRoleInput{RoleName: aws.String(roleName)}) if err != nil { log.Printf("Couldn't get role %v. Here's why: %v\n", roleName, err) } else { role = result.Role } return role, err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ロールを取得します。

import { GetRoleCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} roleName */ export const getRole = (roleName) => { const command = new GetRoleCommand({ RoleName: roleName, }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

PHP
SDK for PHP
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

$uuid = uniqid(); $service = new IAMService(); public function getRole($roleName) { return $this->customWaiter(function () use ($roleName) { return $this->iamClient->getRole(['RoleName' => $roleName]); }); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for PHP

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、lamda_exec_role の詳細を返します。これには、このロールの引き受け先を指定する信頼ポリシードキュメントが含まれています。ポリシードキュメントは URL でエンコードされており、.NET UrlDecode メソッドを使用してデコードできます。この例では、元のポリシーは、ポリシーにアップロードされる前にすべての空白が削除されています。ロールを引き受けるユーザーが実行できる操作を決定するアクセス許可ポリシードキュメントを確認するには、インラインポリシーには Get-IAMRolePolicy を使用し、アタッチされた管理ポリシーには Get-IAMPolicyVersion を使用します。

$results = Get-IamRole -RoleName lambda_exec_role $results | Format-List

出力:

Arn : arn:aws:iam::123456789012:role/lambda_exec_role AssumeRolePolicyDocument : %7B%22Version%22%3A%222012-10-17%22%2C%22Statement%22%3A%5B%7B%22Sid%22 %3A%22%22%2C%22Effect%22%3A%22Allow%22%2C%22Principal%22%3A%7B%22Service %22%3A%22lambda.amazonaws.com%22%7D%2C%22Action%22%3A%22sts%3AAssumeRole %22%7D%5D%7D CreateDate : 4/2/2015 9:16:11 AM Path : / RoleId : 2YBIKAIBHNKB4EXAMPLE1 RoleName : lambda_exec_role
$policy = [System.Web.HttpUtility]::UrlDecode($results.AssumeRolePolicyDocument) $policy

出力:

{"Version":"2012-10-17","Statement":[{"Sid":"","Effect":"Allow","Principal":{"Service":"lambda.amazonaws.com"},"Action":"sts:AssumeRole"}]}
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetRole」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def get_role(role_name): """ Gets a role by name. :param role_name: The name of the role to retrieve. :return: The specified role. """ try: role = iam.Role(role_name) role.load() # calls GetRole to load attributes logger.info("Got role with arn %s.", role.arn) except ClientError: logger.exception("Couldn't get role named %s.", role_name) raise else: return role
  • API の詳細については、GetRoleAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Gets data about a role. # # @param name [String] The name of the role to look up. # @return [Aws::IAM::Role] The retrieved role. def get_role(name) role = @iam_client.get_role({ role_name: name, }).role puts("Got data for role '#{role.role_name}'. Its ARN is '#{role.arn}'.") rescue Aws::Errors::ServiceError => e puts("Couldn't get data for role '#{name}' Here's why:") puts("\t#{e.code}: #{e.message}") raise else role end
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

Rust
SDK for Rust
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

pub async fn get_role( client: &iamClient, role_name: String, ) -> Result<GetRoleOutput, SdkError<GetRoleError>> { let response = client.get_role().role_name(role_name).send().await?; Ok(response) }
  • API の詳細については、GetRoleAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

Swift
SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func getRole(name: String) async throws -> IAMClientTypes.Role { let input = GetRoleInput( roleName: name ) do { let output = try await client.getRole(input: input) guard let role = output.role else { throw ServiceHandlerError.noSuchRole } return role } catch { throw error } }
  • API の詳細については、GetRoleAWS 「 SDK for Swift API リファレンス」の「」を参照してください。