AWS SDK またはコマンドラインツールListSAMLProvidersで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListSAMLProvidersで を使用する

以下のコード例は、ListSAMLProviders の使用方法を示しています。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// List SAML authentication providers. /// </summary> /// <returns>A list of SAML providers.</returns> public async Task<List<SAMLProviderListEntry>> ListSAMLProvidersAsync() { var response = await _IAMService.ListSAMLProvidersAsync(new ListSAMLProvidersRequest()); return response.SAMLProviderList; }
  • API の詳細については、「AWS SDK for .NET API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

CLI
AWS CLI

AWS アカウントの SAML プロバイダーを一覧表示するには

この例では、現在の AWS アカウントで作成された SAML 2.0 プロバイダーのリストを取得します。

aws iam list-saml-providers

出力:

{ "SAMLProviderList": [ { "Arn": "arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAML-ADFS", "ValidUntil": "2015-06-05T22:45:14Z", "CreateDate": "2015-06-05T22:45:14Z" } ] }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM SAML ID プロバイダーの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「AWS CLI コマンドリファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

Go
SDK for Go V2
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// AccountWrapper encapsulates AWS Identity and Access Management (IAM) account actions // used in the examples. // It contains an IAM service client that is used to perform account actions. type AccountWrapper struct { IamClient *iam.Client } // ListSAMLProviders gets the SAML providers for the account. func (wrapper AccountWrapper) ListSAMLProviders() ([]types.SAMLProviderListEntry, error) { var providers []types.SAMLProviderListEntry result, err := wrapper.IamClient.ListSAMLProviders(context.TODO(), &iam.ListSAMLProvidersInput{}) if err != nil { log.Printf("Couldn't list SAML providers. Here's why: %v\n", err) } else { providers = result.SAMLProviderList } return providers, err }
  • API の詳細については、「AWS SDK for Go API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

SAML プロバイダーを一覧表示します。

import { ListSAMLProvidersCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); export const listSamlProviders = async () => { const command = new ListSAMLProvidersCommand({}); const response = await client.send(command); console.log(response); return response; };
  • API の詳細については、「AWS SDK for JavaScript API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

PHP
SDK for PHP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

$uuid = uniqid(); $service = new IAMService(); public function listSAMLProviders() { return $this->iamClient->listSAMLProviders(); }
  • API の詳細については、「AWS SDK for PHP API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、現在の AWS アカウントで作成された SAML 2.0 プロバイダーのリストを取得します。これは、各 SAML プロバイダーの ARN、作成日、有効期限を返します。

Get-IAMSAMLProviderList

出力:

Arn CreateDate ValidUntil --- ---------- ---------- arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAMLADFS 12/23/2014 12:16:55 PM 12/23/2114 12:16:54 PM
  • API の詳細については、「AWS Tools for PowerShell コマンドレットリファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

def list_saml_providers(count): """ Lists the SAML providers for the account. :param count: The maximum number of providers to list. """ try: found = 0 for provider in iam.saml_providers.limit(count): logger.info("Got SAML provider %s.", provider.arn) found += 1 if found == 0: logger.info("Your account has no SAML providers.") except ClientError: logger.exception("Couldn't list SAML providers.") raise
  • API の詳細については、「AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

class SamlProviderLister # Initializes the SamlProviderLister with IAM client and a logger. # @param iam_client [Aws::IAM::Client] The IAM client object. # @param logger [Logger] The logger object for logging output. def initialize(iam_client, logger = Logger.new($stdout)) @iam_client = iam_client @logger = logger end # Lists up to a specified number of SAML providers for the account. # @param count [Integer] The maximum number of providers to list. # @return [Aws::IAM::Client::Response] def list_saml_providers(count) response = @iam_client.list_saml_providers response.saml_provider_list.take(count).each do |provider| @logger.info("\t#{provider.arn}") end response rescue Aws::Errors::ServiceError => e @logger.error("Couldn't list SAML providers. Here's why:") @logger.error("\t#{e.code}: #{e.message}") raise end end
  • API の詳細については、「AWS SDK for Ruby API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。

Rust
SDK for Rust
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

pub async fn list_saml_providers( client: &Client, ) -> Result<ListSamlProvidersOutput, SdkError<ListSAMLProvidersError>> { let response = client.list_saml_providers().send().await?; Ok(response) }
  • API の詳細については、「AWS SDK for Rust API リファレンス」の「ListSAMLProviders」を参照してください。