AWS SDK またはコマンドラインツールListUserPoliciesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListUserPoliciesで を使用する

以下のコード例は、ListUserPolicies の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

IAM ユーザーのポリシーを一覧表示するには

次の list-user-policies コマンドは、Bob という名前の IAM ユーザーにアタッチされているポリシーを一覧表示します。

aws iam list-user-policies \ --user-name Bob

出力:

{ "PolicyNames": [ "ExamplePolicy", "TestPolicy" ] }

詳細については、「IAM ユーザーガイド」の AWS 「アカウントに IAM ユーザーを作成するAWS 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListUserPolicies」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// UserWrapper encapsulates user actions used in the examples. // It contains an IAM service client that is used to perform user actions. type UserWrapper struct { IamClient *iam.Client } // ListUserPolicies lists the inline policies for the specified user. func (wrapper UserWrapper) ListUserPolicies(userName string) ([]string, error) { var policies []string result, err := wrapper.IamClient.ListUserPolicies(context.TODO(), &iam.ListUserPoliciesInput{ UserName: aws.String(userName), }) if err != nil { log.Printf("Couldn't list policies for user %v. Here's why: %v\n", userName, err) } else { policies = result.PolicyNames } return policies, err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListUserPolicies」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、David という名前の IAM ユーザーに埋め込まれているインラインポリシーの名前一覧を取得します。

Get-IAMUserPolicyList -UserName David

出力:

Davids_IAM_Admin_Policy
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListUserPolicies」の「」を参照してください。