AWS SDK またはコマンドラインツールCreateThingで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateThingで を使用する

以下のコード例は、CreateThing の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Create an AWS IoT thing. /*! \param thingName: The name for the thing. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::IoT::createThing(const Aws::String &thingName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::IoT::IoTClient iotClient(clientConfiguration); Aws::IoT::Model::CreateThingRequest createThingRequest; createThingRequest.SetThingName(thingName); Aws::IoT::Model::CreateThingOutcome outcome = iotClient.CreateThing( createThingRequest); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Successfully created thing " << thingName << std::endl; } else { std::cerr << "Failed to create thing " << thingName << ": " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateThing」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

例 1: レジストリにモノのレコードを作成するには

次のcreate-thing例では、 AWS IoT モノレジストリにデバイスのエントリを作成します。

aws iot create-thing \ --thing-name SampleIoTThing

出力:

{ "thingName": "SampleIoTThing", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2: 123456789012:thing/SampleIoTThing", "thingId": " EXAMPLE1-90ab-cdef-fedc-ba987EXAMPLE " }

例 2: モノのタイプに関連付けられているモノを定義するには

次のcreate-thing例では、指定されたモノのタイプとその属性を持つモノを作成します。

aws iot create-thing \ --thing-name "MyLightBulb" \ --thing-type-name "LightBulb" \ --attribute-payload "{"attributes": {"wattage":"75", "model":"123"}}"

出力:

{ "thingName": "MyLightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyLightBulb", "thingId": "40da2e73-c6af-406e-b415-15acae538797" }

詳細については、 IoT デベロッパーガイドの「 レジストリでモノを管理する方法」および「モノのタイプ」を参照してください。 AWS IoT

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateThing」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static void createIoTThing(IotClient iotClient, String thingName) { try { CreateThingRequest createThingRequest = CreateThingRequest.builder() .thingName(thingName) .build(); CreateThingResponse createThingResponse = iotClient.createThing(createThingRequest); System.out.println(thingName +" was successfully created. The ARN value is " + createThingResponse.thingArn()); } catch (IotException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateThing」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createIoTThing(thingNameVal: String) { val createThingRequest = CreateThingRequest { thingName = thingNameVal } IotClient { region = "us-east-1" }.use { iotClient -> iotClient.createThing(createThingRequest) println("Created $thingNameVal}") } }
  • API の詳細については、CreateThingAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。