AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeThingで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeThingで を使用する

以下のコード例は、DescribeThing の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Describe an AWS IoT thing. /*! \param thingName: The name for the thing. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::IoT::describeThing(const Aws::String &thingName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::IoT::IoTClient iotClient(clientConfiguration); Aws::IoT::Model::DescribeThingRequest request; request.SetThingName(thingName); Aws::IoT::Model::DescribeThingOutcome outcome = iotClient.DescribeThing(request); if (outcome.IsSuccess()) { const Aws::IoT::Model::DescribeThingResult &result = outcome.GetResult(); std::cout << "Retrieved thing '" << result.GetThingName() << "'" << std::endl; std::cout << "thingArn: " << result.GetThingArn() << std::endl; std::cout << result.GetAttributes().size() << " attribute(s) retrieved" << std::endl; for (const auto &attribute: result.GetAttributes()) { std::cout << " attribute: " << attribute.first << "=" << attribute.second << std::endl; } } else { std::cerr << "Error describing thing " << thingName << ": " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeThing」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

モノに関する詳細情報を表示するには

次のdescribe-thing例では、 AWS アカウントの AWS IoT レジストリで定義されているモノ (デバイス) に関する情報を表示します。

aws iot describe-thing --thing-name "MyLightBulb"

出力:

{ "defaultClientId": "MyLightBulb", "thingName": "MyLightBulb", "thingId": "40da2e73-c6af-406e-b415-15acae538797", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyLightBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 1 }

詳細については、「AWS IoT ディベロッパーガイド」の「レジストリによるモノの管理方法」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeThing」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

private static void describeThing(IotClient iotClient, String thingName) { try { DescribeThingRequest thingRequest = DescribeThingRequest.builder() .thingName(thingName) .build() ; // Print Thing details. DescribeThingResponse describeResponse = iotClient.describeThing(thingRequest); System.out.println("Thing Details:"); System.out.println("Thing Name: " + describeResponse.thingName()); System.out.println("Thing ARN: " + describeResponse.thingArn()); } catch (IotException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeThing」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun describeThing(thingNameVal: String) { val thingRequest = DescribeThingRequest { thingName = thingNameVal } // Print Thing details. IotClient { region = "us-east-1" }.use { iotClient -> val describeResponse = iotClient.describeThing(thingRequest) println("Thing details:") println("Thing name: ${describeResponse.thingName}") println("Thing ARN: ${describeResponse.thingArn}") } }
  • API の詳細については、DescribeThingAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。