AWS SDK またはコマンドラインツールListThingsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListThingsで を使用する

以下のコード例は、ListThings の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: レジストリ内のすべてのモノを一覧表示するには

次のlist-things例では、 AWS アカウントの AWS IoT レジストリで定義されているモノ (デバイス) を一覧表示します。

aws iot list-things

出力:

{ "things": [ { "thingName": "ThirdBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/ThirdBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 2 }, { "thingName": "MyOtherLightBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyOtherLightBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 3 }, { "thingName": "MyLightBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyLightBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 1 }, { "thingName": "SampleIoTThing", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/SampleIoTThing", "attributes": {}, "version": 1 } ] }

例 2: 特定の属性を持つ定義済みのモノを一覧表示するには

次の list-things の例は、wattage という名前の属性を持つモノのリストを表示します。

aws iot list-things \ --attribute-name wattage

出力:

{ "things": [ { "thingName": "MyLightBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyLightBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 1 }, { "thingName": "MyOtherLightBulb", "thingTypeName": "LightBulb", "thingArn": "arn:aws:iot:us-west-2:123456789012:thing/MyOtherLightBulb", "attributes": { "model": "123", "wattage": "75" }, "version": 3 } ] }

詳細については、「AWS IoT ディベロッパーガイド」の「レジストリによるモノの管理方法」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListThings」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_things(client: &Client) -> Result<(), Error> { let resp = client.list_things().send().await?; println!("Things:"); for thing in resp.things.unwrap() { println!( " Name: {}", thing.thing_name.as_deref().unwrap_or_default() ); println!( " Type: {}", thing.thing_type_name.as_deref().unwrap_or_default() ); println!( " ARN: {}", thing.thing_arn.as_deref().unwrap_or_default() ); println!(); } println!(); Ok(()) }
  • API の詳細については、ListThingsAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。