EventBridge SDK for JavaScript (v2) を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

EventBridge SDK for JavaScript (v2) を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for JavaScript (v2) を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています EventBridge。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、PutEvents を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { EventBridgeClient, PutEventsCommand, } from "@aws-sdk/client-eventbridge"; export const putEvents = async ( source = "eventbridge.integration.test", detailType = "greeting", resources = [], ) => { const client = new EventBridgeClient({}); const response = await client.send( new PutEventsCommand({ Entries: [ { Detail: JSON.stringify({ greeting: "Hello there." }), DetailType: detailType, Resources: resources, Source: source, }, ], }), ); console.log("PutEvents response:"); console.log(response); // PutEvents response: // { // '$metadata': { // httpStatusCode: 200, // requestId: '3d0df73d-dcea-4a23-ae0d-f5556a3ac109', // extendedRequestId: undefined, // cfId: undefined, // attempts: 1, // totalRetryDelay: 0 // }, // Entries: [ { EventId: '51620841-5af4-6402-d9bc-b77734991eb5' } ], // FailedEntryCount: 0 // } return response; };
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutEvents」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatchEvents service object var ebevents = new AWS.EventBridge({ apiVersion: "2015-10-07" }); var params = { Entries: [ { Detail: '{ "key1": "value1", "key2": "value2" }', DetailType: "appRequestSubmitted", Resources: ["RESOURCE_ARN"], Source: "com.company.app", }, ], }; ebevents.putEvents(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data.Entries); } });
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutEvents」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、PutRule を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { EventBridgeClient, PutRuleCommand } from "@aws-sdk/client-eventbridge"; export const putRule = async ( ruleName = "some-rule", source = "some-source", ) => { const client = new EventBridgeClient({}); const response = await client.send( new PutRuleCommand({ Name: ruleName, EventPattern: JSON.stringify({ source: [source] }), State: "ENABLED", EventBusName: "default", }), ); console.log("PutRule response:"); console.log(response); // PutRule response: // { // '$metadata': { // httpStatusCode: 200, // requestId: 'd7292ced-1544-421b-842f-596326bc7072', // extendedRequestId: undefined, // cfId: undefined, // attempts: 1, // totalRetryDelay: 0 // }, // RuleArn: 'arn:aws:events:us-east-1:xxxxxxxxxxxx:rule/EventBridgeTestRule-1696280037720' // } return response; };
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutRule」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatchEvents service object var ebevents = new AWS.EventBridge({ apiVersion: "2015-10-07" }); var params = { Name: "DEMO_EVENT", RoleArn: "IAM_ROLE_ARN", ScheduleExpression: "rate(5 minutes)", State: "ENABLED", }; ebevents.putRule(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data.RuleArn); } });
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutRule」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、PutTargets を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { EventBridgeClient, PutTargetsCommand, } from "@aws-sdk/client-eventbridge"; export const putTarget = async ( existingRuleName = "some-rule", targetArn = "arn:aws:lambda:us-east-1:000000000000:function:test-func", uniqueId = Date.now().toString(), ) => { const client = new EventBridgeClient({}); const response = await client.send( new PutTargetsCommand({ Rule: existingRuleName, Targets: [ { Arn: targetArn, Id: uniqueId, }, ], }), ); console.log("PutTargets response:"); console.log(response); // PutTargets response: // { // '$metadata': { // httpStatusCode: 200, // requestId: 'f5b23b9a-2c17-45c1-ad5c-f926c3692e3d', // extendedRequestId: undefined, // cfId: undefined, // attempts: 1, // totalRetryDelay: 0 // }, // FailedEntries: [], // FailedEntryCount: 0 // } return response; };
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutTargets」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatchEvents service object var ebevents = new AWS.EventBridge({ apiVersion: "2015-10-07" }); var params = { Rule: "DEMO_EVENT", Targets: [ { Arn: "LAMBDA_FUNCTION_ARN", Id: "myEventBridgeTarget", }, ], }; ebevents.putTargets(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutTargets」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript