SDK for JavaScript (v3) を使用した S3 Glacier の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for JavaScript (v3) を使用した S3 Glacier の例

次のコード例は、S3 Glacier で AWS SDK for JavaScript (v3) を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、CreateVault を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

クライアントを作成する

const { GlacierClient } = require("@aws-sdk/client-glacier"); // Set the AWS Region. const REGION = "REGION"; //Set the Redshift Service Object const glacierClient = new GlacierClient({ region: REGION }); export { glacierClient };

ボールトを作成する

// Load the SDK for JavaScript import { CreateVaultCommand } from "@aws-sdk/client-glacier"; import { glacierClient } from "./libs/glacierClient.js"; // Set the parameters const vaultname = "VAULT_NAME"; // VAULT_NAME const params = { vaultName: vaultname }; const run = async () => { try { const data = await glacierClient.send(new CreateVaultCommand(params)); console.log("Success, vault created!"); return data; // For unit tests. } catch (err) { console.log("Error"); } }; run();
SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the SDK for JavaScript var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create a new service object var glacier = new AWS.Glacier({ apiVersion: "2012-06-01" }); // Call Glacier to create the vault glacier.createVault({ vaultName: "YOUR_VAULT_NAME" }, function (err) { if (!err) { console.log("Created vault!"); } });

次の例は、UploadArchive を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

クライアントの作成

const { GlacierClient } = require("@aws-sdk/client-glacier"); // Set the AWS Region. const REGION = "REGION"; //Set the Redshift Service Object const glacierClient = new GlacierClient({ region: REGION }); export { glacierClient };

アーカイブのアップロード

// Load the SDK for JavaScript import { UploadArchiveCommand } from "@aws-sdk/client-glacier"; import { glacierClient } from "./libs/glacierClient.js"; // Set the parameters const vaultname = "VAULT_NAME"; // VAULT_NAME // Create a new service object and buffer const buffer = new Buffer.alloc(2.5 * 1024 * 1024); // 2.5MB buffer const params = { vaultName: vaultname, body: buffer }; const run = async () => { try { const data = await glacierClient.send(new UploadArchiveCommand(params)); console.log("Archive ID", data.archiveId); return data; // For unit tests. } catch (err) { console.log("Error uploading archive!", err); } }; run();
SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the SDK for JavaScript var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create a new service object and buffer var glacier = new AWS.Glacier({ apiVersion: "2012-06-01" }); buffer = Buffer.alloc(2.5 * 1024 * 1024); // 2.5MB buffer var params = { vaultName: "YOUR_VAULT_NAME", body: buffer }; // Call Glacier to upload the archive. glacier.uploadArchive(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error uploading archive!", err); } else { console.log("Archive ID", data.archiveId); } });