AWS SDK を使用して株式ティッカーデータを含む Kinesis ストリームを生成する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して株式ティッカーデータを含む Kinesis ストリームを生成する

次のコード例は、株価データで Kinesis ストリームを生成する方法を示しています。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import datetime import json import random import boto3 STREAM_NAME = "ExampleInputStream" def get_data(): return { "EVENT_TIME": datetime.datetime.now().isoformat(), "TICKER": random.choice(["AAPL", "AMZN", "MSFT", "INTC", "TBV"]), "PRICE": round(random.random() * 100, 2), } def generate(stream_name, kinesis_client): while True: data = get_data() print(data) kinesis_client.put_record( StreamName=stream_name, Data=json.dumps(data), PartitionKey="partitionkey" ) if __name__ == "__main__": generate(STREAM_NAME, boto3.client("kinesis"))