AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAliasで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAliasで を使用する

以下のコード例は、CreateAlias の使用方法を示しています。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

using System; using System.Threading.Tasks; using Amazon.KeyManagementService; using Amazon.KeyManagementService.Model; /// <summary> /// Creates an alias for an AWS Key Management Service (AWS KMS) key. /// </summary> public class CreateAlias { public static async Task Main() { var client = new AmazonKeyManagementServiceClient(); // The alias name must start with alias/ and can be // up to 256 alphanumeric characters long. var aliasName = "alias/ExampleAlias"; // The value supplied as the TargetKeyId can be either // the key ID or key Amazon Resource Name (ARN) of the // AWS KMS key. var keyId = "1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab"; var request = new CreateAliasRequest { AliasName = aliasName, TargetKeyId = keyId, }; var response = await client.CreateAliasAsync(request); if (response.HttpStatusCode == System.Net.HttpStatusCode.OK) { Console.WriteLine($"Alias, {aliasName}, successfully created."); } else { Console.WriteLine($"Could not create alias."); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

KMS キーのエイリアスを作成するには

次の create-alias コマンドは、キー ID 1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab で識別される KMS キーの example-alias という名前のエイリアスを作成します。

エイリアス名は alias/ で始める必要があります。で始まるエイリアス名は使用しないでくださいalias/aws。これらは で使用するために予約されています AWS。

aws kms create-alias \ --alias-name alias/example-alias \ --target-key-id 1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab

このコマンドは出力を返しません。新しいエイリアスを確認するには、list-aliases コマンドを使用します。

詳細については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の「エイリアスの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.kms.KmsClient; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.CreateAliasRequest; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.KmsException; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class CreateAlias { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <targetKeyId> <aliasName>\s Where: targetKeyId - The key ID or the Amazon Resource Name (ARN) of the customer master key (CMK).\s aliasName - An alias name (for example, alias/myAlias).\s """; if (args.length != 2) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String targetKeyId = args[0]; String aliasName = args[1]; Region region = Region.US_WEST_2; KmsClient kmsClient = KmsClient.builder() .region(region) .build(); createCustomAlias(kmsClient, targetKeyId, aliasName); kmsClient.close(); } public static void createCustomAlias(KmsClient kmsClient, String targetKeyId, String aliasName) { try { CreateAliasRequest aliasRequest = CreateAliasRequest.builder() .aliasName(aliasName) .targetKeyId(targetKeyId) .build(); kmsClient.createAlias(aliasRequest); } catch (KmsException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createCustomAlias(targetKeyIdVal: String?, aliasNameVal: String?) { val request = CreateAliasRequest { aliasName = aliasNameVal targetKeyId = targetKeyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> kmsClient.createAlias(request) println("$aliasNameVal was successfully created") } }
  • API の詳細については、CreateAliasAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class AliasManager: def __init__(self, kms_client): self.kms_client = kms_client self.created_key = None def create_alias(self, key_id): """ Creates an alias for the specified key. :param key_id: The ARN or ID of a key to give an alias. :return: The alias given to the key. """ alias = "" while alias == "": alias = input(f"What alias would you like to give to key {key_id}? ") try: self.kms_client.create_alias(AliasName=alias, TargetKeyId=key_id) except ClientError as err: logger.error( "Couldn't create alias %s. Here's why: %s", alias, err.response["Error"]["Message"], ) else: print(f"Created alias {alias} for key {key_id}.") return alias
  • API の詳細については、 CreateAlias AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。