AWS SDK または CLI DescribeKeyで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI DescribeKeyで を使用する

以下のコード例は、DescribeKey の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

using System; using System.Threading.Tasks; using Amazon.KeyManagementService; using Amazon.KeyManagementService.Model; /// <summary> /// Retrieve information about an AWS Key Management Service (AWS KMS) key. /// You can supply either the key Id or the key Amazon Resource Name (ARN) /// to the DescribeKeyRequest KeyId property. /// </summary> public class DescribeKey { public static async Task Main() { var keyId = "7c9eccc2-38cb-4c4f-9db3-766ee8dd3ad4"; var request = new DescribeKeyRequest { KeyId = keyId, }; var client = new AmazonKeyManagementServiceClient(); var response = await client.DescribeKeyAsync(request); var metadata = response.KeyMetadata; Console.WriteLine($"{metadata.KeyId} created on: {metadata.CreationDate}"); Console.WriteLine($"State: {metadata.KeyState}"); Console.WriteLine($"{metadata.Description}"); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeKey」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

例 1: KMS キーの詳細情報を取得するには

次のdescribe-key例では、サンプルアカウントとリージョンの Amazon S3 の AWS マネージドキーに関する詳細情報を取得します。このコマンドを使用して、 AWS マネージドキーとカスタマーマネージドキーの詳細を検索できます。

KMS キーを指定するには、key-id パラメータを使用します。この例では、エイリアス名値を使用していますが、このコマンドでは、キー ID、キー ARN、エイリアス名、またはエイリアス ARN を使用できます。

aws kms describe-key \ --key-id alias/aws/s3

出力:

{ "KeyMetadata": { "AWSAccountId": "846764612917", "KeyId": "b8a9477d-836c-491f-857e-07937918959b", "Arn": "arn:aws:kms:us-west-2:846764612917:key/b8a9477d-836c-491f-857e-07937918959b", "CreationDate": 2017-06-30T21:44:32.140000+00:00, "Enabled": true, "Description": "Default KMS key that protects my S3 objects when no other key is defined", "KeyUsage": "ENCRYPT_DECRYPT", "KeyState": "Enabled", "Origin": "AWS_KMS", "KeyManager": "AWS", "CustomerMasterKeySpec": "SYMMETRIC_DEFAULT", "EncryptionAlgorithms": [ "SYMMETRIC_DEFAULT" ] } }

詳細については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の「キーの表示」を参照してください。

例 2: RSA 非対称 KMS キーの詳細を取得するには

次の describe-key の例は、署名と検証に使用される非対称 RSA KMS キーに関する詳細情報を取得します。

aws kms describe-key \ --key-id 1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab

出力:

{ "KeyMetadata": { "AWSAccountId": "111122223333", "KeyId": "1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab", "Arn": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab", "CreationDate": "2019-12-02T19:47:14.861000+00:00", "CustomerMasterKeySpec": "RSA_2048", "Enabled": false, "Description": "", "KeyState": "Disabled", "Origin": "AWS_KMS", "MultiRegion": false, "KeyManager": "CUSTOMER", "KeySpec": "RSA_2048", "KeyUsage": "SIGN_VERIFY", "SigningAlgorithms": [ "RSASSA_PKCS1_V1_5_SHA_256", "RSASSA_PKCS1_V1_5_SHA_384", "RSASSA_PKCS1_V1_5_SHA_512", "RSASSA_PSS_SHA_256", "RSASSA_PSS_SHA_384", "RSASSA_PSS_SHA_512" ] } }

例 3: マルチリージョンのレプリカキーに関する詳細を取得するには

次の describe-key の例は、マルチリージョンのレプリカキーのメタデータを取得します。このマルチリージョンキーは対称暗号化キーです。マルチリージョンキーの describe-key コマンドの出力は、プライマリキーとそのすべてのレプリカに関する情報を返します。

aws kms describe-key \ --key-id arn:aws:kms:ap-northeast-1:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab

出力:

{ "KeyMetadata": { "MultiRegion": true, "AWSAccountId": "111122223333", "Arn": "arn:aws:kms:ap-northeast-1:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "CreationDate": "2021-06-28T21:09:16.114000+00:00", "Description": "", "Enabled": true, "KeyId": "mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "KeyManager": "CUSTOMER", "KeyState": "Enabled", "KeyUsage": "ENCRYPT_DECRYPT", "Origin": "AWS_KMS", "CustomerMasterKeySpec": "SYMMETRIC_DEFAULT", "EncryptionAlgorithms": [ "SYMMETRIC_DEFAULT" ], "MultiRegionConfiguration": { "MultiRegionKeyType": "PRIMARY", "PrimaryKey": { "Arn": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "Region": "us-west-2" }, "ReplicaKeys": [ { "Arn": "arn:aws:kms:eu-west-1:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "Region": "eu-west-1" }, { "Arn": "arn:aws:kms:ap-northeast-1:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "Region": "ap-northeast-1" }, { "Arn": "arn:aws:kms:sa-east-1:111122223333:key/mrk-1234abcd12ab34cd56ef1234567890ab", "Region": "sa-east-1" } ] } } }

例 4: HMAC KMS キーの詳細を取得するには

次の describe-key の例は、HMAC KMS キーの詳細情報を取得します。

aws kms describe-key \ --key-id 1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab

出力:

{ "KeyMetadata": { "AWSAccountId": "123456789012", "KeyId": "1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab", "Arn": "arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:key/1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab", "CreationDate": "2022-04-03T22:23:10.194000+00:00", "Enabled": true, "Description": "Test key", "KeyUsage": "GENERATE_VERIFY_MAC", "KeyState": "Enabled", "Origin": "AWS_KMS", "KeyManager": "CUSTOMER", "CustomerMasterKeySpec": "HMAC_256", "MacAlgorithms": [ "HMAC_SHA_256" ], "MultiRegion": false } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeKey」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static boolean isKeyEnabled(KmsClient kmsClient, String keyId) { try { DescribeKeyRequest keyRequest = DescribeKeyRequest.builder() .keyId(keyId) .build(); DescribeKeyResponse response = kmsClient.describeKey(keyRequest); KeyState keyState = response.keyMetadata().keyState(); if (keyState == KeyState.ENABLED) { System.out.println("The key is enabled."); return true; } else { System.out.println("The key is not enabled. Key state: " + keyState); } } catch (KmsException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } return false; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDescribeKey」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun describeSpecifcKey(keyIdVal: String?) { val request = DescribeKeyRequest { keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.describeKey(request) println("The key description is ${response.keyMetadata?.description}") println("The key ARN is ${response.keyMetadata?.arn}") } }
  • API の詳細については、 AWS SDK for Kotlin API リファレンスDescribeKeyの「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class KeyManager: def __init__(self, kms_client): self.kms_client = kms_client self.created_keys = [] def describe_key(self): """ Describes a key. """ key_id = input("Enter a key ID or ARN here to get information about the key: ") if key_id: try: key = self.kms_client.describe_key(KeyId=key_id)["KeyMetadata"] except ClientError as err: logging.error( "Couldn't get key '%s'. Here's why: %s", key_id, err.response["Error"]["Message"], ) else: print(f"Got key {key_id}:") pprint(key) return key_id
  • API の詳細については、 DescribeKey AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。