AWS SDK またはコマンドラインツールGenerateRandomで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGenerateRandomで を使用する

以下のコード例は、GenerateRandom の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 256 ビットのランダムバイト文字列を生成するには (Linux または macOs)

次の generate-random の例は、256 ビット (32 バイト) の base64 でエンコードされたランダムバイト文字列を生成します。この例は、バイト文字列をデコードしてランダムファイルに保存します。

このコマンドを実行する際は、number-of-bytes パラメーターを使用してランダム値の長さをバイト単位で指定する必要があります。

このコマンドを実行する際は、KMS キーは指定しません。ランダムバイト文字列は KMS キーとは関係ありません。

デフォルトでは、 AWS KMS は乱数を生成します。ただし、カスタムキーストア<https://docs.aws.amazon.com/kms/latest/developerguide/custom-key-store-overview.html>を指定すると、カスタムキーストアに関連付けられた AWS CloudHSM クラスターにランダムバイト文字列が生成されます。

この例は以下のパラメータと値を使用します。

32 バイト (256 ビット) をリクエスト32するには、 の値で必須--number-of-bytesパラメータを使用します。string.It は、 の値で --outputパラメータを使用して、出力textをテキストとして返すように AWS CLI に指示します。 代わりに、JSON.It は --query parameter を使用して、コマンドの出力を response.It Pipes ( | ) Plaintextからbase64ユーティリティに抽出します。 抽出された output.It をデコードする は、リダイレクト演算子 ( > ) を使用してデコードされたバイト文字列を ExampleRandom file.It に保存し、リダイレクト演算子 ( > ) を使用してバイナリ暗号文をファイルに保存します。

aws kms generate-random \ --number-of-bytes 32 \ --output text \ --query Plaintext | base64 --decode > ExampleRandom

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、 Key Management Service API リファレンスGenerateRandomの「」を参照してください。 AWS

例 2: 256 ビットの乱数を生成するには (Windows コマンドプロンプト)

次の例は、generate-random コマンドを使用して、base64 でエンコードされた 256 ビット (32 バイト)のランダムバイト文字列を生成します。この例は、バイト文字列をデコードしてランダムファイルに保存します。この例は前の例と同じですが、Windows の certutil のユーティリティを使用して、ランダムバイト文字列を base64 でデコードしてからファイルに保存する点が異なります。

最初に base64 でエンコードされたランダムバイト文字列を生成し、テンポラリファイル (ExampleRandom.base64) に保存します。

aws kms generate-random \ --number-of-bytes 32 \ --output text \ --query Plaintext > ExampleRandom.base64

generate-random コマンドの出力はファイルに保存されるため、この例では何も出力されません。

次に、certutil -decode コマンドを使用して、ExampleRandom.base64 ファイル内の base64 でエンコードされたバイト文字列をデコードします。その後、デコードされたバイト文字列を ExampleRandom ファイルに保存します。

certutil -decode ExampleRandom.base64 ExampleRandom

出力:

Input Length = 18 Output Length = 12 CertUtil: -decode command completed successfully.

詳細については、 Key Management Service API リファレンスGenerateRandomの「」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGenerateRandom」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_string(client: &Client, length: i32) -> Result<(), Error> { let resp = client .generate_random() .number_of_bytes(length) .send() .await?; // Did we get an encrypted blob? let blob = resp.plaintext.expect("Could not get encrypted text"); let bytes = blob.as_ref(); let s = base64::encode(bytes); println!(); println!("Data key:"); println!("{}", s); Ok(()) }
  • API の詳細については、GenerateRandomAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。