AWS SDK またはコマンドラインツールListKeysで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListKeysで を使用する

以下のコード例は、ListKeys の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

using System; using System.Threading.Tasks; using Amazon.KeyManagementService; using Amazon.KeyManagementService.Model; /// <summary> /// List the AWS Key Managements Service (AWS KMS) keys for the AWS Region /// of the default user. To list keys in another AWS Region, supply the Region /// as a parameter to the client constructor. /// </summary> public class ListKeys { public static async Task Main() { var client = new AmazonKeyManagementServiceClient(); var request = new ListKeysRequest(); var response = new ListKeysResponse(); do { response = await client.ListKeysAsync(request); response.Keys.ForEach(key => { Console.WriteLine($"ID: {key.KeyId}, {key.KeyArn}"); }); // Set the Marker property when response.Truncated is true // in order to get the next keys. request.Marker = response.NextMarker; } while (response.Truncated); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListKeys」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

アカウントとリージョンの KMS キーを取得するには

次の list-keys の例は、アカウントとリージョンの KMS キーを取得します。このコマンドは、 AWS マネージドキーとカスタマーマネージドキーの両方を返します。

aws kms list-keys

出力:

{ "Keys": [ { "KeyArn": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab", "KeyId": "1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab" }, { "KeyArn": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/0987dcba-09fe-87dc-65ba-ab0987654321", "KeyId": "0987dcba-09fe-87dc-65ba-ab0987654321" }, { "KeyArn": "arn:aws:kms:us-east-2:111122223333:key/1a2b3c4d-5e6f-1a2b-3c4d-5e6f1a2b3c4d", "KeyId": "1a2b3c4d-5e6f-1a2b-3c4d-5e6f1a2b3c4d" } ] }

詳細については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の「キーの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListKeys」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.kms.KmsClient; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.KeyListEntry; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.ListKeysRequest; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.ListKeysResponse; import software.amazon.awssdk.services.kms.model.KmsException; import java.util.List; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class ListKeys { public static void main(String[] args) { Region region = Region.US_WEST_2; KmsClient kmsClient = KmsClient.builder() .region(region) .build(); listAllKeys(kmsClient); kmsClient.close(); } public static void listAllKeys(KmsClient kmsClient) { try { ListKeysRequest listKeysRequest = ListKeysRequest.builder() .limit(15) .build(); ListKeysResponse keysResponse = kmsClient.listKeys(listKeysRequest); List<KeyListEntry> keyListEntries = keysResponse.keys(); for (KeyListEntry key : keyListEntries) { System.out.println("The key ARN is: " + key.keyArn()); System.out.println("The key Id is: " + key.keyId()); } } catch (KmsException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスListKeys」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun listAllKeys() { val request = ListKeysRequest { limit = 15 } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.listKeys(request) response.keys?.forEach { key -> println("The key ARN is ${key.keyArn}") println("The key Id is ${key.keyId}") } } }
  • API の詳細については、ListKeysAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class KeyManager: def __init__(self, kms_client): self.kms_client = kms_client self.created_keys = [] def list_keys(self): """ Lists the keys for the current account by using a paginator. """ try: page_size = 10 print("\nLet's list your keys.") key_paginator = self.kms_client.get_paginator("list_keys") for key_page in key_paginator.paginate(PaginationConfig={"PageSize": 10}): print(f"Here are {len(key_page['Keys'])} keys:") pprint(key_page["Keys"]) if key_page["Truncated"]: answer = input( f"Do you want to see the next {page_size} keys (y/n)? " ) if answer.lower() != "y": break else: print("That's all your keys!") except ClientError as err: logging.error( "Couldn't list your keys. Here's why: %s", err.response["Error"]["Message"], )
  • API の詳細については、ListKeysAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Rust
SDK for Rust
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_keys(client: &Client) -> Result<(), Error> { let resp = client.list_keys().send().await?; let keys = resp.keys.unwrap_or_default(); let len = keys.len(); for key in keys { println!("Key ARN: {}", key.key_arn.as_deref().unwrap_or_default()); } println!(); println!("Found {} keys", len); Ok(()) }
  • API の詳細については、ListKeysAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。