AWS IoT data SDK for Kotlin を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT data SDK for Kotlin を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for Kotlin を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS IoT data。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、GetThingShadow を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun getPayload(thingNameVal: String?) { val getThingShadowRequest = GetThingShadowRequest { thingName = thingNameVal } IotDataPlaneClient { region = "us-east-1" }.use { iotPlaneClient -> val getThingShadowResponse = iotPlaneClient.getThingShadow(getThingShadowRequest) val payload = getThingShadowResponse.payload val payloadString = payload?.let { java.lang.String(it, Charsets.UTF_8) } println("Received shadow data: $payloadString") } }
  • API の詳細については、GetThingShadowAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、UpdateThingShadow を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun updateShawdowThing(thingNameVal: String?) { // Create the thing shadow state document. val stateDocument = "{\"state\":{\"reported\":{\"temperature\":25, \"humidity\":50}}}" val byteStream: ByteStream = ByteStream.fromString(stateDocument) val byteArray: ByteArray = byteStream.toByteArray() val updateThingShadowRequest = UpdateThingShadowRequest { thingName = thingNameVal payload = byteArray } IotDataPlaneClient { region = "us-east-1" }.use { iotPlaneClient -> iotPlaneClient.updateThingShadow(updateThingShadowRequest) println("The thing shadow was updated successfully.") } }
  • API の詳細については、UpdateThingShadowAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。