AWS KMS SDK for Kotlin を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS KMS SDK for Kotlin を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for Kotlin を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS KMS。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、CreateAlias を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createCustomAlias(targetKeyIdVal: String?, aliasNameVal: String?) { val request = CreateAliasRequest { aliasName = aliasNameVal targetKeyId = targetKeyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> kmsClient.createAlias(request) println("$aliasNameVal was successfully created") } }
  • API の詳細については、CreateAliasAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、CreateGrant を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createNewGrant(keyIdVal: String?, granteePrincipalVal: String?, operation: String): String? { val operationOb = GrantOperation.fromValue(operation) val grantOperationList = ArrayList<GrantOperation>() grantOperationList.add(operationOb) val request = CreateGrantRequest { keyId = keyIdVal granteePrincipal = granteePrincipalVal operations = grantOperationList } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.createGrant(request) return response.grantId } }
  • API の詳細については、CreateGrantAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、CreateKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createKey(keyDesc: String?): String? { val request = CreateKeyRequest { description = keyDesc customerMasterKeySpec = CustomerMasterKeySpec.SymmetricDefault keyUsage = KeyUsageType.fromValue("ENCRYPT_DECRYPT") } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val result = kmsClient.createKey(request) println("Created a customer key with id " + result.keyMetadata?.arn) return result.keyMetadata?.keyId } }
  • API の詳細については、CreateKeyAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、Decrypt を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun encryptData(keyIdValue: String): ByteArray? { val text = "This is the text to encrypt by using the AWS KMS Service" val myBytes: ByteArray = text.toByteArray() val encryptRequest = EncryptRequest { keyId = keyIdValue plaintext = myBytes } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.encrypt(encryptRequest) val algorithm: String = response.encryptionAlgorithm.toString() println("The encryption algorithm is $algorithm") // Return the encrypted data. return response.ciphertextBlob } } suspend fun decryptData(encryptedDataVal: ByteArray?, keyIdVal: String?, path: String) { val decryptRequest = DecryptRequest { ciphertextBlob = encryptedDataVal keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val decryptResponse = kmsClient.decrypt(decryptRequest) val myVal = decryptResponse.plaintext // Write the decrypted data to a file. if (myVal != null) { File(path).writeBytes(myVal) } } }
  • API の詳細については、AWS SDK for Kotlin API リファレンスの「Decrypt」を参照してください。

次の例は、DescribeKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun describeSpecifcKey(keyIdVal: String?) { val request = DescribeKeyRequest { keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.describeKey(request) println("The key description is ${response.keyMetadata?.description}") println("The key ARN is ${response.keyMetadata?.arn}") } }
  • API の詳細については、DescribeKeyAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DisableKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun disableKey(keyIdVal: String?) { val request = DisableKeyRequest { keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> kmsClient.disableKey(request) println("$keyIdVal was successfully disabled") } }
  • API の詳細については、DisableKeyAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、EnableKey を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun enableKey(keyIdVal: String?) { val request = EnableKeyRequest { keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> kmsClient.enableKey(request) println("$keyIdVal was successfully enabled.") } }
  • API の詳細については、EnableKeyAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、Encrypt を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun encryptData(keyIdValue: String): ByteArray? { val text = "This is the text to encrypt by using the AWS KMS Service" val myBytes: ByteArray = text.toByteArray() val encryptRequest = EncryptRequest { keyId = keyIdValue plaintext = myBytes } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.encrypt(encryptRequest) val algorithm: String = response.encryptionAlgorithm.toString() println("The encryption algorithm is $algorithm") // Return the encrypted data. return response.ciphertextBlob } } suspend fun decryptData(encryptedDataVal: ByteArray?, keyIdVal: String?, path: String) { val decryptRequest = DecryptRequest { ciphertextBlob = encryptedDataVal keyId = keyIdVal } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val decryptResponse = kmsClient.decrypt(decryptRequest) val myVal = decryptResponse.plaintext // Write the decrypted data to a file. if (myVal != null) { File(path).writeBytes(myVal) } } }
  • API の詳細については、AWS SDK for Kotlin API リファレンスの「Encrypt」を参照してください。

次の例は、ListAliases を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun listAllAliases() { val request = ListAliasesRequest { limit = 15 } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.listAliases(request) response.aliases?.forEach { alias -> println("The alias name is ${alias.aliasName}") } } }
  • API の詳細については、ListAliasesAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ListGrants を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun displayGrantIds(keyIdVal: String?) { val request = ListGrantsRequest { keyId = keyIdVal limit = 15 } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.listGrants(request) response.grants?.forEach { grant -> println("The grant Id is ${grant.grantId}") } } }
  • API の詳細については、ListGrantsAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ListKeys を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun listAllKeys() { val request = ListKeysRequest { limit = 15 } KmsClient { region = "us-west-2" }.use { kmsClient -> val response = kmsClient.listKeys(request) response.keys?.forEach { key -> println("The key ARN is ${key.keyArn}") println("The key Id is ${key.keyId}") } } }
  • API の詳細については、ListKeysAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。