SDK for Kotlin を使用した Amazon SQS の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for Kotlin を使用した Amazon SQS の例

次のコード例は、Amazon SQS で AWS SDK for Kotlin を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

開始方法

次のコード例は、Amazon SQS の使用を開始する方法を示しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

package com.kotlin.sqs import aws.sdk.kotlin.services.sqs.SqsClient import aws.sdk.kotlin.services.sqs.paginators.listQueuesPaginated import kotlinx.coroutines.flow.transform suspend fun main() { listTopicsPag() } suspend fun listTopicsPag() { SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.listQueuesPaginated { } .transform { it.queueUrls?.forEach { queue -> emit(queue) } } .collect { queue -> println("The Queue URL is $queue") } } }
  • API の詳細については、ListQueuesAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

トピック

アクション

次の例は、CreateQueue を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun createQueue(queueNameVal: String): String { println("Create Queue") val createQueueRequest = CreateQueueRequest { queueName = queueNameVal } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.createQueue(createQueueRequest) println("Get queue url") val getQueueUrlRequest = GetQueueUrlRequest { queueName = queueNameVal } val getQueueUrlResponse = sqsClient.getQueueUrl(getQueueUrlRequest) return getQueueUrlResponse.queueUrl.toString() } }
  • API の詳細については、CreateQueueAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteMessage を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun deleteMessages(queueUrlVal: String) { println("Delete Messages from $queueUrlVal") val purgeRequest = PurgeQueueRequest { queueUrl = queueUrlVal } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.purgeQueue(purgeRequest) println("Messages are successfully deleted from $queueUrlVal") } } suspend fun deleteQueue(queueUrlVal: String) { val request = DeleteQueueRequest { queueUrl = queueUrlVal } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.deleteQueue(request) println("$queueUrlVal was deleted!") } }
  • API の詳細については、DeleteMessageAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteQueue を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun deleteMessages(queueUrlVal: String) { println("Delete Messages from $queueUrlVal") val purgeRequest = PurgeQueueRequest { queueUrl = queueUrlVal } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.purgeQueue(purgeRequest) println("Messages are successfully deleted from $queueUrlVal") } } suspend fun deleteQueue(queueUrlVal: String) { val request = DeleteQueueRequest { queueUrl = queueUrlVal } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.deleteQueue(request) println("$queueUrlVal was deleted!") } }
  • API の詳細については、DeleteQueueAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ListQueues を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun listQueues() { println("\nList Queues") val prefix = "que" val listQueuesRequest = ListQueuesRequest { queueNamePrefix = prefix } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> val response = sqsClient.listQueues(listQueuesRequest) response.queueUrls?.forEach { url -> println(url) } } }
  • API の詳細については、ListQueuesAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ReceiveMessage を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun receiveMessages(queueUrlVal: String?) { println("Retrieving messages from $queueUrlVal") val receiveMessageRequest = ReceiveMessageRequest { queueUrl = queueUrlVal maxNumberOfMessages = 5 } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> val response = sqsClient.receiveMessage(receiveMessageRequest) response.messages?.forEach { message -> println(message.body) } } }
  • API の詳細については、ReceiveMessageAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、SendMessage を使用する方法を説明しています。

SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun sendMessages(queueUrlVal: String, message: String) { println("Sending multiple messages") println("\nSend message") val sendRequest = SendMessageRequest { queueUrl = queueUrlVal messageBody = message delaySeconds = 10 } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.sendMessage(sendRequest) println("A single message was successfully sent.") } } suspend fun sendBatchMessages(queueUrlVal: String?) { println("Sending multiple messages") val msg1 = SendMessageBatchRequestEntry { id = "id1" messageBody = "Hello from msg 1" } val msg2 = SendMessageBatchRequestEntry { id = "id2" messageBody = "Hello from msg 2" } val sendMessageBatchRequest = SendMessageBatchRequest { queueUrl = queueUrlVal entries = listOf(msg1, msg2) } SqsClient { region = "us-east-1" }.use { sqsClient -> sqsClient.sendMessageBatch(sendMessageBatchRequest) println("Batch message were successfully sent.") } }
  • API の詳細については、SendMessageAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。