AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAliasで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateAliasで を使用する

以下のコード例は、CreateAlias の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

Lambda 関数のエイリアスを作成する方法

次の create-alias の例では、my-function Lambda 関数のバージョン 1 を参照する LIVE という名前のエイリアスを作成します。

aws lambda create-alias \ --function-name my-function \ --description "alias for live version of function" \ --function-version 1 \ --name LIVE

出力:

{ "FunctionVersion": "1", "Name": "LIVE", "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:LIVE", "RevisionId": "873282ed-4cd3-4dc8-a069-d0c647e470c6", "Description": "alias for live version of function" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたバージョンおよびルーティング設定の新しい Lambda エイリアスを作成し、受信する呼び出しリクエストの割合を指定します。

New-LMAlias -FunctionName "MylambdaFunction123" -RoutingConfig_AdditionalVersionWeight @{Name="1";Value="0.6} -Description "Alias for version 4" -FunctionVersion 4 -Name "PowershellAlias"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。