AWS SDK またはコマンドラインツールUntagResourceで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUntagResourceで を使用する

以下のコード例は、UntagResource の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

既存の Lambda 関数からタグを削除する方法

次の untag-resource の例では、DEPARTMENT タグというキー名のタグを my-function Lambda 関数から削除します。

aws lambda untag-resource \ --resource arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function \ --tag-keys DEPARTMENT

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「 Lambda 関数をタグ付けする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 提供されたタグを関数から削除します。-Force スイッチが指定されていない限り、cmdlet は続行する前に確認を求めます。タグを削除するため、サービスが 1 回呼び出されます。

Remove-LMResourceTag -Resource "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyFunction" -TagKey "Washington","Oregon","California"

例 2: 提供されたタグを関数から削除します。-Force スイッチが指定されていない限り、cmdlet は続行する前に確認を求めます。提供されたタグにつき、サービスに 1 回呼び出しが行われます。

"Washington","Oregon","California" | Remove-LMResourceTag -Resource "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyFunction"
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell