AWS SDK を使用して Lookout for Vision モデルを停止する - AWSSDK コードサンプル

まだまだありますAWSSDK のサンプルは以下にあります。AWSドキュメント SDK サンプル GitHubレポ。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して Lookout for Vision モデルを停止する

次のコード例は、Lookout for Vision モデルを停止する方法を示しています。

詳細については、「モデルの停止」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

他にもまだまだあります。GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

class Hosting: @staticmethod def stop_model(lookoutvision_client, project_name, model_version): """ Stops a running Lookout for Vision Model. :param lookoutvision_client: A Boto3 Lookout for Vision client. :param project_name: The name of the project that contains the version of the model that you want to stop hosting. :param model_version: The version of the model that you want to stop hosting. """ try: logger.info("Stopping model version %s for %s", model_version, project_name) response = lookoutvision_client.stop_model( ProjectName=project_name, ModelVersion=model_version) logger.info("Stopping hosting...") status = response["Status"] finished = False # Wait until stopped or failed. while finished is False: model_description = lookoutvision_client.describe_model( ProjectName=project_name, ModelVersion=model_version) status = model_description["ModelDescription"]["Status"] if status == "STOPPING_HOSTING": logger.info("Host stopping in progress...") time.sleep(10) continue if status == "TRAINED": logger.info("Model is no longer hosted.") finished = True continue logger.info("Failed to stop model: %s ", status) finished = True if status != "TRAINED": logger.error("Error stopping model: %s", status) raise Exception(f"Error stopping model: {status}") except ClientError: logger.exception("Couldn't stop hosting model.") raise
  • API の詳細については、を参照してください。StopModelAWSPython (ボト3) 用 SDK API リファレンス