AWS SDK を使用して MediaPackage オリジンエンドポイントを一覧表示する - AWS SDK コードサンプル

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して MediaPackage オリジンエンドポイントを一覧表示する

次のコード例は、 MediaPackage オリジンエンドポイントを一覧表示する方法を示しています。

CLI
AWS CLI

チャネルのすべてのオリジンエンドポイントを一覧表示するには

次の list-origin-endpoints コマンドは、test という名前のチャネルに設定されているすべてのオリジンエンドポイントを一覧表示します。

aws mediapackage list-origin-endpoints \ --channel-id test

出力:

{ "OriginEndpoints": [ { "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/247cff871f2845d3805129be22f2c0a2", "ChannelId": "test", "DashPackage": { "ManifestLayout": "FULL", "ManifestWindowSeconds": 60, "MinBufferTimeSeconds": 30, "MinUpdatePeriodSeconds": 15, "PeriodTriggers": [], "Profile": "NONE", "SegmentDurationSeconds": 2, "SegmentTemplateFormat": "NUMBER_WITH_TIMELINE", "StreamSelection": { "MaxVideoBitsPerSecond": 2147483647, "MinVideoBitsPerSecond": 0, "StreamOrder": "ORIGINAL" }, "SuggestedPresentationDelaySeconds": 25 }, "Id": "tester2", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": {}, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "https://8343f7014c0ea438.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/247cff871f2845d3805129be22f2c0a2/index.mpd", "Whitelist": [] }, { "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/869e237f851549e9bcf10e3bc2830839", "ChannelId": "test", "HlsPackage": { "AdMarkers": "NONE", "IncludeIframeOnlyStream": false, "PlaylistType": "EVENT", "PlaylistWindowSeconds": 60, "ProgramDateTimeIntervalSeconds": 0, "SegmentDurationSeconds": 6, "StreamSelection": { "MaxVideoBitsPerSecond": 2147483647, "MinVideoBitsPerSecond": 0, "StreamOrder": "ORIGINAL" }, "UseAudioRenditionGroup": false }, "Id": "tester", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": {}, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "https://8343f7014c0ea438.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/869e237f851549e9bcf10e3bc2830839/index.m3u8", "Whitelist": [] } ] }

詳細については、「 AWSElemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルに関連付けられたすべてのエンドポイントの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListOriginEndpoints」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

エンドポイント記述と URL を一覧表示します。

async fn show_endpoints(client: &Client) -> Result<(), Error> { let or_endpoints = client.list_origin_endpoints().send().await?; println!("Endpoints:"); for e in or_endpoints.origin_endpoints() { let endpoint_url = e.url().unwrap_or_default(); let endpoint_description = e.description().unwrap_or_default(); println!(" Description: {}", endpoint_description); println!(" URL : {}", endpoint_url); println!(); } Ok(()) }
  • API の詳細については、ListOriginEndpointsAWS「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。