AWS SDK またはコマンドラインツールDescribePolicyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribePolicyで を使用する

以下のコード例は、DescribePolicy の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ポリシーに関する情報を取得するには

次の例は、ポリシーに関する情報をリクエストする方法を示しています。

aws organizations describe-policy --policy-id p-examplepolicyid111

出力には、ポリシーの詳細を含むポリシーオブジェクトが含まれます。

{ "Policy": { "Content": "{\n \"Version\": \"2012-10-17\",\n \"Statement\": [\n {\n \"Effect\": \"Allow\",\n \"Action\": \"*\",\n \"Resource\": \"*\"\n }\n ]\n}", "PolicySummary": { "Arn": "arn:aws:organizations::111111111111:policy/o-exampleorgid/service_control_policy/p-examplepolicyid111", "Type": "SERVICE_CONTROL_POLICY", "Id": "p-examplepolicyid111", "AwsManaged": false, "Name": "AllowAllS3Actions", "Description": "Enables admins to delegate S3 permissions" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def describe_policy(policy_id, orgs_client): """ Describes a policy. :param policy_id: The ID of the policy to describe. :param orgs_client: The Boto3 Organizations client. :return: The description of the policy. """ try: response = orgs_client.describe_policy(PolicyId=policy_id) policy = response["Policy"] logger.info("Got policy %s.", policy_id) except ClientError: logger.exception("Couldn't get policy %s.", policy_id) raise else: return policy
  • API の詳細については、DescribePolicyAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。