AWS SDK またはコマンドラインツールPutItemsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutItemsで を使用する

次の例は、PutItems を使用する方法を説明しています。

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// Get service clients module and commands using ES6 syntax. import { PutItemsCommand } from "@aws-sdk/client-personalize-events"; import { personalizeEventsClient } from "./libs/personalizeClients.js"; // Or, create the client here. // const personalizeEventsClient = new PersonalizeEventsClient({ region: "REGION"}); // Set the put items parameters. For string properties and values, use the \ character to escape quotes. var putItemsParam = { datasetArn: "DATASET_ARN" /* required */, items: [ /* required */ { itemId: "ITEM_ID" /* required */, properties: '{"PROPERTY1_NAME": "PROPERTY1_VALUE", "PROPERTY2_NAME": "PROPERTY2_VALUE", "PROPERTY3_NAME": "PROPERTY3_VALUE"}' /* optional */, }, ], }; export const run = async () => { try { const response = await personalizeEventsClient.send( new PutItemsCommand(putItemsParam), ); console.log("Success!", response); return response; // For unit tests. } catch (err) { console.log("Error", err); } }; run();
  • API の詳細については、「 API リファレンスPutItems」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript