AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteEventTrackerで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteEventTrackerで を使用する

次の例は、DeleteEventTracker を使用する方法を説明しています。

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public static void deleteEventTracker(PersonalizeClient personalizeClient, String eventTrackerArn) { try { DeleteEventTrackerRequest deleteEventTrackerRequest = DeleteEventTrackerRequest.builder() .eventTrackerArn(eventTrackerArn) .build(); int status = personalizeClient.deleteEventTracker(deleteEventTrackerRequest).sdkHttpResponse().statusCode(); System.out.println("Status code:" + status); } catch (PersonalizeException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteEventTracker」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x