AWS Cloud9 Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS Cloud9。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-C9EnvironmentData を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された AWS Cloud9 開発環境に関する情報を取得します。

Get-C9EnvironmentData -EnvironmentId 685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX,1980b80e5f584920801c09086667f0EX

出力:

Arn : arn:aws:cloud9:us-east-1:123456789012:environment:685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX Description : Created from CodeStar. Id : 685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX Lifecycle : Amazon.Cloud9.Model.EnvironmentLifecycle Name : my-demo-ec2-env OwnerArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser Type : ec2 Arn : arn:aws:cloud9:us-east-1:123456789012:environment:1980b80e5f584920801c09086667f0EX Description : Id : 1980b80e5f584920801c09086667f0EX Lifecycle : Amazon.Cloud9.Model.EnvironmentLifecycle Name : my-demo-ssh-env OwnerArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser Type : ssh

例 2: この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境のライフサイクルステータスに関する情報を取得します。

(Get-C9EnvironmentData -EnvironmentId 685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX).Lifecycle

出力:

FailureResource Reason Status --------------- ------ ------ CREATED
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeEnvironments」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-C9EnvironmentList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、利用可能な AWS Cloud9 開発環境識別子のリストを取得します。

Get-C9EnvironmentList

出力:

685f892f431b45c2b28cb69eadcdb0EX 1980b80e5f584920801c09086667f0EX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListEnvironments」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-C9EnvironmentMembershipList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境の環境メンバーに関する情報を取得します。

Get-C9EnvironmentMembershipList -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX

出力:

EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/1/0001 12:00:00 AM Permissions : read-write UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser UserId : AIDAJ3BA6O2FMJWCWXHEX EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/1/0001 12:00:00 AM Permissions : owner UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser UserId : AIDAJ3LOROMOUXTBSU6EX

例 2: この例では、指定された AWS Cloud9 開発環境の所有者に関する情報を取得します。

Get-C9EnvironmentMembershipList -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX -Permission owner

出力:

EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/1/0001 12:00:00 AM Permissions : owner UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser UserId : AIDAJ3LOROMOUXTBSU6EX

例 3: この例では、複数の AWS Cloud9 開発環境の指定された環境メンバーに関する情報を取得します。

Get-C9EnvironmentMembershipList -UserArn arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser

出力:

EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/17/2018 7:48:14 PM Permissions : owner UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser UserId : AIDAJ3LOROMOUXTBSU6EX EnvironmentId : 1980b80e5f584920801c09086667f0EX LastAccess : 1/16/2018 11:21:24 PM Permissions : owner UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser UserId : AIDAJ3LOROMOUXTBSU6EX
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeEnvironmentMemberships」の「」を参照してください。

次の例は、Get-C9EnvironmentStatus を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境のステータス情報を取得します。

Get-C9EnvironmentStatus -EnvironmentId 349c86d4579e4e7298d500ff57a6b2EX

出力:

Message Status ------- ------ Environment is ready to use ready
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeEnvironmentStatus」の「」を参照してください。

次の例は、New-C9EnvironmentEC2 を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した設定で AWS Cloud9 開発環境を作成し、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを起動して、インスタンスから環境に接続します。

New-C9EnvironmentEC2 -Name my-demo-env -AutomaticStopTimeMinutes 60 -Description "My demonstration development environment." -InstanceType t2.micro -OwnerArn arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser -SubnetId subnet-d43a46EX

出力:

ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンス」の「CreateEnvironmentEc2」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-C9EnvironmentMembership を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された環境メンバーを指定された AWS Cloud9 開発環境に追加します。

New-C9EnvironmentMembership -UserArn arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX -Permission read-write

出力:

EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/1/0001 12:00:00 AM Permissions : read-write UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser UserId : AIDAJ3BA6O2FMJWCWXHEX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateEnvironmentMembership」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-C9Environment を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された AWS Cloud9 開発環境を削除します。Amazon EC2 インスタンスが環境に接続されている場合、 はインスタンスも終了します。

Remove-C9Environment -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteEnvironment」の「」を参照してください。

次の例は、Remove-C9EnvironmentMembership を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された AWS Cloud9 開発環境から指定された環境メンバーを削除します。

Remove-C9EnvironmentMembership -UserArn arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteEnvironmentMembership」の「」を参照してください。

次の例は、Update-C9Environment を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された既存の AWS Cloud9 開発環境の指定された設定を変更します。

Update-C9Environment -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX -Description "My changed demonstration development environment." -Name my-changed-demo-env
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUpdateEnvironment」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Update-C9EnvironmentMembership を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した AWS Cloud9 開発環境の指定した既存の環境メンバーの設定を変更します。

Update-C9EnvironmentMembership -UserArn arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser -EnvironmentId ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX -Permission read-only

出力:

EnvironmentId : ffd88420d4824eeeaeaa8a04bfde8cEX LastAccess : 1/1/0001 12:00:00 AM Permissions : read-only UserArn : arn:aws:iam::123456789012:user/AnotherDemoUser UserId : AIDAJ3BA6O2FMJWCWXHEX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUpdateEnvironmentMembership」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell