CloudFront Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudFront Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudFront。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentity を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、-Id パラメータで指定された特定の Amazon CloudFront オリジンアクセスアイデンティティを返します。-Id パラメータは必須ではありませんが、指定しないと、結果は返されません。

Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentity -Id E3XXXXXXXXXXRT

出力:

CloudFrontOriginAccessIdentityConfig Id S3CanonicalUserId ------------------------------------ -- ----------------- Amazon.CloudFront.Model.CloudFrontOr... E3XXXXXXXXXXRT 4b6e...
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetCloudFrontOriginAccessIdentity」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentityConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、-Id パラメータで指定された単一の Amazon CloudFront オリジンアクセスアイデンティティに関する設定情報を返します。-Id パラメータを指定しないと、エラーが発生します。

Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentityConfig -Id E3XXXXXXXXXXRT

出力:

CallerReference Comment --------------- ------- mycallerreference: 2/1/2011 1:16:32 PM Caller reference: 2/1/2011 1:16:32 PM

次の例は、Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentityList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、Amazon CloudFront オリジンアクセスアイデンティティのリストを返します。-MaxItem parameter は 2 の値を指定するため、結果には 2 つの ID が含まれます。

Get-CFCloudFrontOriginAccessIdentityList -MaxItem 2

出力:

IsTruncated : True Items : {E326XXXXXXXXXT, E1YWXXXXXXX9B} Marker : MaxItems : 2 NextMarker : E1YXXXXXXXXX9B Quantity : 2

次の例は、Get-CFDistribution を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 特定のディストリビューションに関する情報を取得します。

Get-CFDistribution -Id EXAMPLE0000ID
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetDistribution」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFDistributionConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 特定のディストリビューションの設定を取得します。

Get-CFDistributionConfig -Id EXAMPLE0000ID
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetDistributionConfig」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFDistributionList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ディストリビューションを返します。

Get-CFDistributionList
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListDistributions」の「」を参照してください。

次の例は、New-CFDistribution を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ログ記録とキャッシュで設定された基本的な CloudFront ディストリビューションを作成します。

$origin = New-Object Amazon.CloudFront.Model.Origin $origin.DomainName = "ps-cmdlet-sample.s3.amazonaws.com" $origin.Id = "UniqueOrigin1" $origin.S3OriginConfig = New-Object Amazon.CloudFront.Model.S3OriginConfig $origin.S3OriginConfig.OriginAccessIdentity = "" New-CFDistribution ` -DistributionConfig_Enabled $true ` -DistributionConfig_Comment "Test distribution" ` -Origins_Item $origin ` -Origins_Quantity 1 ` -Logging_Enabled $true ` -Logging_IncludeCookie $true ` -Logging_Bucket ps-cmdlet-sample-logging.s3.amazonaws.com ` -Logging_Prefix "help/" ` -DistributionConfig_CallerReference Client1 ` -DistributionConfig_DefaultRootObject index.html ` -DefaultCacheBehavior_TargetOriginId $origin.Id ` -ForwardedValues_QueryString $true ` -Cookies_Forward all ` -WhitelistedNames_Quantity 0 ` -TrustedSigners_Enabled $false ` -TrustedSigners_Quantity 0 ` -DefaultCacheBehavior_ViewerProtocolPolicy allow-all ` -DefaultCacheBehavior_MinTTL 1000 ` -DistributionConfig_PriceClass "PriceClass_All" ` -CacheBehaviors_Quantity 0 ` -Aliases_Quantity 0
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスCreateDistribution」の「」を参照してください。

次の例は、New-CFInvalidation を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、ID が EXAMPLENSTXAXE であるディストリビューションで、新しいキャッシュ削除を作成します。 CallerReference はユーザーが選択した一意の ID です。この場合は、2019 年 5 月 15 日午前 9 時を表すタイムスタンプが使用されます。$Paths 変数には、ユーザーがディストリビューションのキャッシュに含めたくない画像ファイルやメディアファイルへの 3 つのパスが格納されます。-Paths_Quantity パラメータ値は、-Paths_Item パラメータで指定したパスの総数です。

$Paths = "/images/*.gif", "/images/image1.jpg", "/videos/*.mp4" New-CFInvalidation -DistributionId "EXAMPLENSTXAXE" -InvalidationBatch_CallerReference 20190515090000 -Paths_Item $Paths -Paths_Quantity 3

出力:

Invalidation Location ------------ -------- Amazon.CloudFront.Model.Invalidation https://cloudfront.amazonaws.com/2018-11-05/distribution/EXAMPLENSTXAXE/invalidation/EXAMPLE8NOK9H
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateInvalidation」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CFSignedCookie を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 既定ポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き Cookie を作成します。Cookie は 1 年間有効です。

$params = @{ "ResourceUri"="http://xyz.cloudfront.net/image1.jpeg" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=(Get-Date).AddYears(1) } New-CFSignedCookie @params

出力:

Expires ------- [CloudFront-Expires, 1472227284]

例 2: カスタムポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き Cookie を作成します。Cookie は 24 時間後に有効になり、その後 1 週間後に期限切れになります。

$start = (Get-Date).AddHours(24) $params = @{ "ResourceUri"="http://xyz.cloudfront.net/content/*.jpeg" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=$start.AddDays(7) "ActiveFrom"=$start } New-CFSignedCookie @params

出力:

Policy ------ [CloudFront-Policy, eyJTd...wIjo...

例 3: カスタムポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き Cookie を作成します。Cookie は 24 時間後に有効になり、その後 1 週間後に期限切れになります。リソースへのアクセスは、指定された IP 範囲に制限されます。

$start = (Get-Date).AddHours(24) $params = @{ "ResourceUri"="http://xyz.cloudfront.net/content/*.jpeg" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=$start.AddDays(7) "ActiveFrom"=$start "IpRange"="192.0.2.0/24" } New-CFSignedCookie @params

出力:

Policy ------ [CloudFront-Policy, eyJTd...wIjo...
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンス」の「New-CFSignedCookie」を参照してください。

次の例は、New-CFSignedUrl を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 既定ポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き URL を作成します。URL は 1 時間有効です。署名付き URL を含む System.Uri オブジェクトがパイプラインに出力されます。

$params = @{ "ResourceUri"="https://cdn.example.com/index.html" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=(Get-Date).AddHours(1) } New-CFSignedUrl @params

例 2: カスタムポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き URL を作成します。URL は 24 時間後に有効になり、1 週間後に期限切れになります。

$start = (Get-Date).AddHours(24) $params = @{ "ResourceUri"="https://cdn.example.com/index.html" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=(Get-Date).AddDays(7) "ActiveFrom"=$start } New-CFSignedUrl @params

例 3: カスタムポリシーを使用して、指定されたリソースへの署名付き URL を作成します。URL は 24 時間後に有効になり、1 週間後に期限切れになります。リソースへのアクセスは、指定された IP 範囲に制限されます。

$start = (Get-Date).AddHours(24) $params = @{ "ResourceUri"="https://cdn.example.com/index.html" "KeyPairId"="AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" "PrivateKeyFile"="C:\pk-AKIAIOSFODNN7EXAMPLE.pem" "ExpiresOn"=(Get-Date).AddDays(7) "ActiveFrom"=$start "IpRange"="192.0.2.0/24" } New-CFSignedUrl @params
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンス」の「New-CFSignedUrl」を参照してください。