CloudWatch Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudWatch。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-CWDashboard を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定されたダッシュボードの本体である arn を返します。

Get-CWDashboard -DashboardName Dashboard1

出力:

DashboardArn DashboardBody ------------ ------------- arn:aws:cloudwatch::123456789012:dashboard/Dashboard1 {...
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetDashboard」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CWDashboardList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: アカウントのダッシュボードのコレクションを返します。

Get-CWDashboardList

出力:

DashboardArn DashboardName LastModified Size ------------ ------------- ------------ ---- arn:... Dashboard1 7/6/2017 8:14:15 PM 252

例 2: 名前が 'dev' で始まるアカウントのダッシュボードのコレクションを返します。

Get-CWDashboardList -DashboardNamePrefix dev
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListDashboards」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CWDashboard を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したダッシュボードを削除し、次に進む前に確認を促します。確認を省略するには、-Force スイッチをコマンドに追加します。

Remove-CWDashboard -DashboardName Dashboard1
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteDashboards」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Write-CWDashboard を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 'Dashboard1' という名前のダッシュボードを作成または更新して、2 つのメトリクスウィジェットを並べて表示します。

$dashBody = @" { "widgets":[ { "type":"metric", "x":0, "y":0, "width":12, "height":6, "properties":{ "metrics":[ [ "AWS/EC2", "CPUUtilization", "InstanceId", "i-012345" ] ], "period":300, "stat":"Average", "region":"us-east-1", "title":"EC2 Instance CPU" } }, { "type":"metric", "x":12, "y":0, "width":12, "height":6, "properties":{ "metrics":[ [ "AWS/S3", "BucketSizeBytes", "BucketName", "MyBucketName" ] ], "period":86400, "stat":"Maximum", "region":"us-east-1", "title":"MyBucketName bytes" } } ] } "@ Write-CWDashboard -DashboardName Dashboard1 -DashboardBody $dashBody

例 2: ダッシュボードを作成または更新し、ダッシュボードを説明するコンテンツをコマンドレットにパイプします。

$dashBody = @" { ... } "@ $dashBody | Write-CWDashboard -DashboardName Dashboard1
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスPutDashboard」の「」を参照してください。

次の例は、Write-CWMetricData を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 新しい MetricDatum オブジェクトを作成し、Amazon Web Services CloudWatch メトリクスに書き込みます。

### Create a MetricDatum .NET object $Metric = New-Object -TypeName Amazon.CloudWatch.Model.MetricDatum $Metric.Timestamp = [DateTime]::UtcNow $Metric.MetricName = 'CPU' $Metric.Value = 50 ### Write the metric data to the CloudWatch service Write-CWMetricData -Namespace instance1 -MetricData $Metric
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスPutMetricData」の「」を参照してください。