CodeDeploy Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CodeDeploy。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Add-CDOnPremiseInstanceTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたオンプレミスインスタンスの指定されたキーと値を持つオンプレミスインスタンスタグを追加します。

Add-CDOnPremiseInstanceTag -InstanceName AssetTag12010298EX -Tag @{"Key" = "Name"; "Value" = "CodeDeployDemo-OnPrem"}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスAddTagsToOnPremisesInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDApplication を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアプリケーションに関する情報を取得します。

Get-CDApplication -ApplicationName CodeDeployDemoApplication

出力:

ApplicationId ApplicationName CreateTime LinkedToGitHub ------------- --------------- ---------- -------------- e07fb938-091e-4f2f-8963-4d3e8EXAMPLE CodeDeployDemoApplication 7/20/2015 9:49:48 PM False
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetApplication」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDApplicationBatch を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアプリケーションに関する情報を取得します。

Get-CDApplicationBatch -ApplicationName CodeDeployDemoApplication, CodePipelineDemoApplication

出力:

ApplicationId ApplicationName CreateTime LinkedToGitHub ------------- --------------- ---------- -------------- e07fb938-091e-4f2f-8963-4d3e8EXAMPLE CodeDeployDemoApplication 7/20/2015 9:49:48 PM False 1ecfd602-62f1-4038-8f0d-06688EXAMPLE CodePipelineDemoApplication 8/13/2015 5:53:26 PM False
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスBatchGetApplications」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDApplicationList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、使用可能なアプリケーションのリストを取得します。

Get-CDApplicationList

出力:

CodeDeployDemoApplication CodePipelineDemoApplication
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListApplications」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDApplicationRevision を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアプリケーションリビジョンに関する情報を取得します。

$revision = Get-CDApplicationRevision -ApplicationName CodeDeployDemoApplication -S3Location_Bucket MyBucket -Revision_RevisionType S3 -S3Location_Key 5xd27EX.zip -S3Location_BundleType zip -S3Location_ETag 4565c1ac97187f190c1a90265EXAMPLE Write-Output ("Description = " + $revision.RevisionInfo.Description + ", RegisterTime = " + $revision.RevisionInfo.RegisterTime)

出力:

Description = Application revision registered by Deployment ID: d-CX9CHN3EX, RegisterTime = 07/20/2015 23:46:42
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetApplicationRevision」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDApplicationRevisionList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションで使用可能なリビジョンに関する情報を取得します。

ForEach ($revision in (Get-CDApplicationRevisionList -ApplicationName CodeDeployDemoApplication -Deployed Ignore)) { >> If ($revision.RevisionType -Eq "S3") { >> Write-Output ("Type = S3, Bucket = " + $revision.S3Location.Bucket + ", BundleType = " + $revision.S3Location.BundleType + ", ETag = " + $revision.S3Location.ETag + ", Key = " + $revision.S3Location.Key) >> } >> If ($revision.RevisionType -Eq "GitHub") { >> Write-Output ("Type = GitHub, CommitId = " + $revision.GitHubLocation.CommitId + ", Repository = " + $revision.GitHubLocation.Repository) >> } >> } >>

出力:

Type = S3, Bucket = MyBucket, BundleType = zip, ETag = 4565c1ac97187f190c1a90265EXAMPLE, Key = 5xd27EX.zip Type = GitHub, CommitId = f48933c3...76405362, Repository = MyGitHubUser/CodeDeployDemoRepo
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListApplicationRevisions」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeployment を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したデプロイに関する概要情報を取得します。

Get-CDDeployment -DeploymentId d-QZMRGSTEX

出力:

ApplicationName : CodeDeployDemoApplication CompleteTime : 7/23/2015 11:26:04 PM CreateTime : 7/23/2015 11:24:43 PM Creator : user DeploymentConfigName : CodeDeployDefault.OneAtATime DeploymentGroupName : CodeDeployDemoFleet DeploymentId : d-QZMRGSTEX DeploymentOverview : Amazon.CodeDeploy.Model.DeploymentOverview Description : ErrorInformation : IgnoreApplicationStopFailures : False Revision : Amazon.CodeDeploy.Model.RevisionLocation StartTime : 1/1/0001 12:00:00 AM Status : Succeeded

例 2: この例では、指定したデプロイに参加しているインスタンスのステータスに関する情報を取得します。

(Get-CDDeployment -DeploymentId d-QZMRGSTEX).DeploymentOverview

出力:

Failed : 0 InProgress : 0 Pending : 0 Skipped : 0 Succeeded : 3

例 3: この例では、指定したデプロイのアプリケーションリビジョンに関する情報を取得します。

(Get-CDDeployment -DeploymentId d-QZMRGSTEX).Revision.S3Location

出力:

Bucket : MyBucket BundleType : zip ETag : cfbb81b304ee5e27efc21adaed3EXAMPLE Key : clzfqEX Version :
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetDeployment」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentBatch を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたデプロイに関する情報を取得します。

Get-CDDeploymentBatch -DeploymentId d-QZMRGSTEX, d-RR0T5KTEX

出力:

ApplicationName : CodeDeployDemoApplication CompleteTime : 7/23/2015 11:26:04 PM CreateTime : 7/23/2015 11:24:43 PM Creator : user DeploymentConfigName : CodeDeployDefault.OneAtATime DeploymentGroupName : CodeDeployDemoFleet DeploymentId : d-QZMRGSTEX DeploymentOverview : Amazon.CodeDeploy.Model.DeploymentOverview Description : ErrorInformation : IgnoreApplicationStopFailures : False Revision : Amazon.CodeDeploy.Model.RevisionLocation StartTime : 1/1/0001 12:00:00 AM Status : Succeeded ApplicationName : CodePipelineDemoApplication CompleteTime : 7/23/2015 6:07:30 PM CreateTime : 7/23/2015 6:06:29 PM Creator : user DeploymentConfigName : CodeDeployDefault.OneAtATime DeploymentGroupName : CodePipelineDemoFleet DeploymentId : d-RR0T5KTEX DeploymentOverview : Amazon.CodeDeploy.Model.DeploymentOverview Description : ErrorInformation : IgnoreApplicationStopFailures : False Revision : Amazon.CodeDeploy.Model.RevisionLocation StartTime : 1/1/0001 12:00:00 AM Status : Succeeded
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスBatchGetDeployments」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したデプロイ設定に関する概要情報を取得します。

Get-CDDeploymentConfig -DeploymentConfigName ThreeQuartersHealthy

出力:

CreateTime DeploymentConfigId DeploymentConfigName MinimumHealthyHosts ---------- ------------------ -------------------- ------------------- 10/3/2014 4:32:30 PM 518a3950-d034-46a1-9d2c-3c949EXAMPLE ThreeQuartersHealthy Amazon.CodeDeploy.Model.MinimumHealthyHosts

例 2: この例では、指定されたデプロイ設定の定義に関する情報を取得します。

Write-Output ((Get-CDDeploymentConfig -DeploymentConfigName ThreeQuartersHealthy).MinimumHealthyHosts)

出力:

Type Value ---- ----- FLEET_PERCENT 75
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetDeploymentConfig」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentConfigList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、使用可能なデプロイ設定のリストを取得します。

Get-CDDeploymentConfigList

出力:

ThreeQuartersHealthy CodeDeployDefault.OneAtATime CodeDeployDefault.AllAtOnce CodeDeployDefault.HalfAtATime
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListDeploymentConfigs」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したデプロイグループに関する情報を取得します。

Get-CDDeploymentGroup -ApplicationName CodeDeployDemoApplication -DeploymentGroupName CodeDeployDemoFleet

出力:

ApplicationName : CodeDeployDemoApplication AutoScalingGroups : {} DeploymentConfigName : CodeDeployDefault.OneAtATime DeploymentGroupId : 7d7c098a-b444-4b27-96ef-22791EXAMPLE DeploymentGroupName : CodeDeployDemoFleet Ec2TagFilters : {Name} OnPremisesInstanceTagFilters : {} ServiceRoleArn : arn:aws:iam::80398EXAMPLE:role/CodeDeploySampleStack-4ph6EX-CodeDeployTrustRole-O9MWP7XTL8EX TargetRevision : Amazon.CodeDeploy.Model.RevisionLocation
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetDeploymentGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentGroupList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションのデプロイグループのリストを取得します。

Get-CDDeploymentGroupList -ApplicationName CodeDeployDemoApplication

出力:

ApplicationName DeploymentGroups NextToken --------------- ---------------- --------- CodeDeployDemoApplication {CodeDeployDemoFleet, CodeDeployProductionFleet}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListDeploymentGroups」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentInstance を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したデプロイの指定したインスタンスに関する情報を取得します。

Get-CDDeploymentInstance -DeploymentId d-QZMRGSTEX -InstanceId i-254e22EX

出力:

DeploymentId : d-QZMRGSTEX InstanceId : arn:aws:ec2:us-east-1:80398EXAMPLE:instance/i-254e22EX LastUpdatedAt : 7/23/2015 11:25:24 PM LifecycleEvents : {ApplicationStop, DownloadBundle, BeforeInstall, Install...} Status : Succeeded
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetDeploymentInstance」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentInstanceList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したデプロイのインスタンス IDsのリストを取得します。

Get-CDDeploymentInstanceList -DeploymentId d-QZMRGSTEX

出力:

i-254e22EX i-274e22EX i-3b4e22EX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListDeploymentInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDDeploymentList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションとデプロイグループのデプロイ IDs のリストを取得します。

Get-CDDeploymentList -ApplicationName CodeDeployDemoApplication -DeploymentGroupName CodeDeployDemoFleet

出力:

d-QZMRGSTEX d-RR0T5KTEX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListDeployments」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDOnPremiseInstance を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたオンプレミスインスタンスに関する情報を取得します。

Get-CDOnPremiseInstance -InstanceName AssetTag12010298EX

出力:

DeregisterTime : 1/1/0001 12:00:00 AM IamUserArn : arn:aws:iam::80398EXAMPLE:user/CodeDeployDemoUser InstanceArn : arn:aws:codedeploy:us-east-1:80398EXAMPLE:instance/AssetTag12010298EX_rDH556dxEX InstanceName : AssetTag12010298EX RegisterTime : 4/3/2015 6:36:24 PM Tags : {Name}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetOnPremisesInstance」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDOnPremiseInstanceBatch を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたオンプレミスインスタンスに関する情報を取得します。

Get-CDOnPremiseInstanceBatch -InstanceName AssetTag12010298EX, AssetTag12010298EX-2

出力:

DeregisterTime : 1/1/0001 12:00:00 AM IamUserArn : arn:aws:iam::80398EXAMPLE:user/CodeDeployFRWUser InstanceArn : arn:aws:codedeploy:us-east-1:80398EXAMPLE:instance/AssetTag12010298EX-2_XmeSz18rEX InstanceName : AssetTag12010298EX-2 RegisterTime : 4/3/2015 6:38:52 PM Tags : {Name} DeregisterTime : 1/1/0001 12:00:00 AM IamUserArn : arn:aws:iam::80398EXAMPLE:user/CodeDeployDemoUser InstanceArn : arn:aws:codedeploy:us-east-1:80398EXAMPLE:instance/AssetTag12010298EX_rDH556dxEX InstanceName : AssetTag12010298EX RegisterTime : 4/3/2015 6:36:24 PM Tags : {Name}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスBatchGetOnPremisesInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CDOnPremiseInstanceList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、使用可能なオンプレミスインスタンス名のリストを取得します。

Get-CDOnPremiseInstanceList

出力:

AssetTag12010298EX AssetTag12010298EX-2
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListOnPremisesInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CDApplication を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前で新しいアプリケーションを作成します。

New-CDApplication -ApplicationName MyNewApplication

出力:

f19e4b61-2231-4328-b0fd-e57f5EXAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateApplication」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CDDeployment を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたデプロイ設定とアプリケーションリビジョンを使用して、指定されたアプリケーションとデプロイグループの新しいデプロイを作成します。

New-CDDeployment -ApplicationName MyNewApplication -S3Location_Bucket MyBucket -S3Location_BundleType zip -DeploymentConfigName CodeDeployDefault.OneAtATime -DeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -IgnoreApplicationStopFailures $True -S3Location_Key aws-codedeploy_linux-master.zip -RevisionType S3

出力:

d-ZHROG7UEX

例 2: この例は、ブルー/グリーンデプロイの置き換え先環境に含めるためにインスタンスを識別する必要がある EC2 インスタンスタグのグループを指定する方法を示しています。

New-CDDeployment -ApplicationName MyNewApplication -S3Location_Bucket MyBucket -S3Location_BundleType zip -DeploymentConfigName CodeDeployDefault.OneAtATime -DeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -IgnoreApplicationStopFailures $True -S3Location_Key aws-codedeploy_linux-master.zip -RevisionType S3 -Ec2TagSetList @(@{Key="key1";Type="KEY_ONLY"},@{Key="Key2";Type="KEY_AND_VALUE";Value="Value2"}),@(@{Key="Key3";Type="VALUE_ONLY";Value="Value3"})

出力:

d-ZHROG7UEX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateDeployment」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CDDeploymentConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前と動作で新しいデプロイ設定を作成します。

New-CDDeploymentConfig -DeploymentConfigName AtLeastTwoHealthyHosts -MinimumHealthyHosts_Type HOST_COUNT -MinimumHealthyHosts_Value 2

出力:

0f3e8187-44ef-42da-aeed-b6823EXAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateDeploymentConfig」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CDDeploymentGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションの指定した名前、Auto Scaling グループ、デプロイ設定、タグ、およびサービスロールを持つデプロイグループを作成します。

New-CDDeploymentGroup -ApplicationName MyNewApplication -AutoScalingGroup CodeDeployDemo-ASG -DeploymentConfigName CodeDeployDefault.OneAtATime -DeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -Ec2TagFilter @{Key="Name"; Type="KEY_AND_VALUE"; Value="CodeDeployDemo"} -ServiceRoleArn arn:aws:iam::80398EXAMPLE:role/CodeDeployDemo

出力:

16bbf199-95fd-40fc-a909-0bbcfEXAMPLE

例 2: この例は、ブルー/グリーンデプロイの置き換え先環境に含めるためにインスタンスを識別する必要がある EC2 インスタンスタグのグループを指定する方法を示しています。

New-CDDeploymentGroup -ApplicationName MyNewApplication -AutoScalingGroup CodeDeployDemo-ASG -DeploymentConfigName CodeDeployDefault.OneAtATime -DeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -Ec2TagFilter @{Key="Name"; Type="KEY_AND_VALUE"; Value="CodeDeployDemo"} -ServiceRoleArn arn:aws:iam::80398EXAMPLE:role/CodeDeployDemo -Ec2TagSetList @(@{Key="key1";Type="KEY_ONLY"},@{Key="Key2";Type="KEY_AND_VALUE";Value="Value2"}),@(@{Key="Key3";Type="VALUE_ONLY";Value="Value3"})

出力:

16bbf199-95fd-40fc-a909-0bbcfEXAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateDeploymentGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Register-CDApplicationRevision を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションの指定した Amazon S3 ロケーションにアプリケーションリビジョンを登録します。

Register-CDApplicationRevision -ApplicationName MyNewApplication -S3Location_Bucket MyBucket -S3Location_BundleType zip -S3Location_Key aws-codedeploy_linux-master.zip -Revision_RevisionType S3
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRegisterApplicationRevision」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Register-CDOnPremiseInstance を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前と IAM ユーザーでオンプレミスインスタンスを登録します。

Register-CDOnPremiseInstance -IamUserArn arn:aws:iam::80398EXAMPLE:user/CodeDeployDemoUser -InstanceName AssetTag12010298EX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRegisterOnPremisesInstance」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CDApplication を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前のアプリケーションを削除します。このコマンドは、続行する前に確認を求めるプロンプトを表示します。-Force パラメータを追加して、プロンプトを表示せずにアプリケーションを削除します。

Remove-CDApplication -ApplicationName MyNewApplication
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteApplication」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CDDeploymentConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した名前のデプロイ設定を削除します。このコマンドは、続行する前に確認を求めるプロンプトを表示します。-Force パラメータを追加して、プロンプトを表示せずにデプロイ設定を削除します。

Remove-CDDeploymentConfig -DeploymentConfigName AtLeastTwoHealthyHosts
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteDeploymentConfig」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CDDeploymentGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションの指定した名前のデプロイグループを削除します。このコマンドは、続行する前に確認を求めるプロンプトを表示します。-Force パラメータを追加して、プロンプトを表示せずにデプロイグループを削除します。

Remove-CDDeploymentGroup -ApplicationName MyNewApplication -DeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteDeploymentGroup」の「」を参照してください。

次の例は、Remove-CDOnPremiseInstanceTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された名前のオンプレミスインスタンスの指定されたタグを削除します。このコマンドは、続行する前に確認を求めるプロンプトを表示します。-Force パラメータを追加して、プロンプトを表示せずにタグを削除します。

Remove-CDOnPremiseInstanceTag -InstanceName AssetTag12010298EX -Tag @{"Key" = "Name"; "Value" = "CodeDeployDemo-OnPrem"}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRemoveTagsFromOnPremisesInstances」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Stop-CDDeployment を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたデプロイ ID でデプロイを停止しようとします。

Stop-CDDeployment -DeploymentId d-LJQNREYEX

出力:

Status StatusMessage ------ ------------- Pending Stopping Pending. Stopping to schedule commands in the deployment instances
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスStopDeployment」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Unregister-CDOnPremiseInstance を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、オンプレミスインスタンスを指定された名前で登録解除します。

Unregister-CDOnPremiseInstance -InstanceName AssetTag12010298EX
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeregisterOnPremisesInstance」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Update-CDApplication を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションの名前を変更します。

Update-CDApplication -ApplicationName MyNewApplication -NewApplicationName MyNewApplication-2
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUpdateApplication」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Update-CDDeploymentGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したアプリケーションの指定したデプロイグループの名前を変更します。

Update-CDDeploymentGroup -ApplicationName MyNewApplication -CurrentDeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -NewDeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup-2

例 2: この例は、ブルー/グリーンデプロイの置き換え先環境に含めるためにインスタンスを識別する必要がある EC2 インスタンスタグのグループを指定する方法を示しています。

Update-CDDeploymentGroup -ApplicationName MyNewApplication -CurrentDeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup -NewDeploymentGroupName MyNewDeploymentGroup-2 -Ec2TagSetList @(@{Key="key1";Type="KEY_ONLY"},@{Key="Key2";Type="KEY_AND_VALUE";Value="Value2"}),@(@{Key="Key3";Type="VALUE_ONLY";Value="Value3"})
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUpdateDeploymentGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell