Tools for を使用した Amazon Cognito ID の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Tools for を使用した Amazon Cognito ID の例 PowerShell

次のコード例は、Amazon Cognito ID AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-CGIIdentityPool を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 特定の ID プールに関する情報を ID で取得します。

Get-CGIIdentityPool -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1

出力:

LoggedAt : 8/12/2015 4:29:40 PM AllowUnauthenticatedIdentities : True DeveloperProviderName : IdentityPoolId : us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 IdentityPoolName : CommonTests1 OpenIdConnectProviderARNs : {} SupportedLoginProviders : {} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 142 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CGIIdentityPoolList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 既存の ID プールのリストを取得します。

Get-CGIIdentityPoolList

出力:

IdentityPoolId IdentityPoolName -------------- ---------------- us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 CommonTests1 us-east-1:118d242d-204e-4b88-b803-EXAMPLEGUID2 Tests2 us-east-1:15d49393-ab16-431a-b26e-EXAMPLEGUID3 CommonTests13
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListIdentityPools」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CGIIdentityPoolRole を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 特定の ID プールのロールに関する情報を取得します。

Get-CGIIdentityPoolRole -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1

出力:

LoggedAt : 8/12/2015 4:33:51 PM IdentityPoolId : us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 Roles : {[unauthenticated, arn:aws:iam::123456789012:role/CommonTests1Role]} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 165 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetIdentityPoolRoles」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-CGIIdentityPool を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 認証されていない ID を許可する新しい ID プールを作成します。

New-CGIIdentityPool -AllowUnauthenticatedIdentities $true -IdentityPoolName CommonTests13

出力:

LoggedAt : 8/12/2015 4:56:07 PM AllowUnauthenticatedIdentities : True DeveloperProviderName : IdentityPoolId : us-east-1:15d49393-ab16-431a-b26e-EXAMPLEGUID3 IdentityPoolName : CommonTests13 OpenIdConnectProviderARNs : {} SupportedLoginProviders : {} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 136 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CGIIdentityPool を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 特定の ID プールを削除します。

Remove-CGIIdentityPool -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Set-CGIIdentityPoolRole を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 認証されていない IAM ロールを持つように特定の ID プールを設定します。

Set-CGIIdentityPoolRole -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 -Role @{ "unauthenticated" = "arn:aws:iam::123456789012:role/CommonTests1Role" }
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスSetIdentityPoolRoles」の「」を参照してください。

次の例は、Update-CGIIdentityPool を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ID プールプロパティの一部を更新します。この場合は、ID プールの名前を更新します。

Update-CGIIdentityPool -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 -IdentityPoolName NewPoolName

出力:

LoggedAt : 8/12/2015 4:53:33 PM AllowUnauthenticatedIdentities : False DeveloperProviderName : IdentityPoolId : us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 IdentityPoolName : NewPoolName OpenIdConnectProviderARNs : {} SupportedLoginProviders : {} ResponseMetadata : Amazon.Runtime.ResponseMetadata ContentLength : 135 HttpStatusCode : OK
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUpdateIdentityPool」の「」を参照してください。