AWS Config Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Config Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS Config。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Add-CFGResourceTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたタグをリソース ARN に関連付けます。この場合、config-rule/config-rule-16iyn0 です。

Add-CFGResourceTag -ResourceArn arn:aws:config:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-16iyn0 -Tag @{Key="Release";Value="Beta"}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGAggregateComplianceByConfigRuleList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、特定の設定ルールの「kaju ConfigurationAggregator 」フィルタリングから詳細を取得し、ルールの「Compliance」を展開/返します。

Get-CFGAggregateComplianceByConfigRuleList -ConfigurationAggregatorName kaju -Filters_ConfigRuleName ALB_HTTP_TO_HTTPS_REDIRECTION_CHECK | Select-Object -ExpandProperty Compliance

出力:

ComplianceContributorCount ComplianceType -------------------------- -------------- Amazon.ConfigService.Model.ComplianceContributorCount NON_COMPLIANT

例 2: この例では、指定された から詳細を取得し ConfigurationAggregator、アグリゲータの対象となるすべてのリージョンについて特定のアカウントをフィルタリングして、すべてのルールのコンプライアンスをさらに再実行します。

Get-CFGAggregateComplianceByConfigRuleList -ConfigurationAggregatorName kaju -Filters_AccountId 123456789012 | Select-Object ConfigRuleName, @{N="Compliance";E={$_.Compliance.ComplianceType}}

出力:

ConfigRuleName Compliance -------------- ---------- ALB_HTTP_TO_HTTPS_REDIRECTION_CHECK NON_COMPLIANT ec2-instance-no-public-ip NON_COMPLIANT desired-instance-type NON_COMPLIANT

次の例は、Get-CFGAggregateComplianceDetailsByConfigRule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、特定のアカウント、アグリゲータ、リージョン、および設定ルールの「COMPLIANT」状態にある AWS Config ルールdesired-instance-type「」の resource-id と resource-type を含む出力を選択する評価結果を返します。

Get-CFGAggregateComplianceDetailsByConfigRule -AccountId 123456789012 -AwsRegion eu-west-1 -ComplianceType COMPLIANT -ConfigRuleName desired-instance-type -ConfigurationAggregatorName raju | Select-Object -ExpandProperty EvaluationResultIdentifier | Select-Object -ExpandProperty EvaluationResultQualifier

出力:

ConfigRuleName ResourceId ResourceType -------------- ---------- ------------ desired-instance-type i-0f1bf2f34c5678d12 AWS::EC2::Instance desired-instance-type i-0fd12dd3456789123 AWS::EC2::Instance

次の例は、Get-CFGAggregateConfigRuleComplianceSummary を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアグリゲータの非準拠ルールの数を返します。

(Get-CFGAggregateConfigRuleComplianceSummary -ConfigurationAggregatorName raju).AggregateComplianceCounts.ComplianceSummary.NonCompliantResourceCount

出力:

CapExceeded CappedCount ----------- ----------- False 5

次の例は、Get-CFGAggregateDiscoveredResourceCount を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、us-east-1 リージョンに対してフィルタリングされた特定のアグリゲータのリソース数を返します。

Get-CFGAggregateDiscoveredResourceCount -ConfigurationAggregatorName Master -Filters_Region us-east-1

出力:

GroupByKey GroupedResourceCounts NextToken TotalDiscoveredResources ---------- --------------------- --------- ------------------------ {} 455

例 2: この例では、特定のアグリゲータのフィルタリングされたリージョンの RESOURCE_TYPE でグループ化されたリソース数を返します。

Get-CFGAggregateDiscoveredResourceCount -ConfigurationAggregatorName Master -Filters_Region us-east-1 -GroupByKey RESOURCE_TYPE | Select-Object -ExpandProperty GroupedResourceCounts

出力:

GroupName ResourceCount --------- ------------- AWS::CloudFormation::Stack 12 AWS::CloudFront::Distribution 1 AWS::CloudTrail::Trail 1 AWS::DynamoDB::Table 1 AWS::EC2::EIP 2 AWS::EC2::FlowLog 2 AWS::EC2::InternetGateway 4 AWS::EC2::NatGateway 2 AWS::EC2::NetworkAcl 4 AWS::EC2::NetworkInterface 12 AWS::EC2::RouteTable 13 AWS::EC2::SecurityGroup 18 AWS::EC2::Subnet 16 AWS::EC2::VPC 4 AWS::EC2::VPCEndpoint 2 AWS::EC2::VPCPeeringConnection 1 AWS::IAM::Group 2 AWS::IAM::Policy 51 AWS::IAM::Role 78 AWS::IAM::User 7 AWS::Lambda::Function 3 AWS::RDS::DBSecurityGroup 1 AWS::S3::Bucket 3 AWS::SSM::AssociationCompliance 107 AWS::SSM::ManagedInstanceInventory 108

次の例は、Get-CFGAggregateDiscoveredResourceList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、「アイルランド」アグリゲータで集計された特定のリソースタイプのリソース識別子を返します。リソースタイプのリストについては、https://docs.aws.amazon.com/sdkfornet/v3/apidocs/index.html?page=ConfigService/T ConfigServiceResourceType.html&tocid=Amazon_ConfigService_ を確認してくださいResourceType。

Get-CFGAggregateDiscoveredResourceList -ConfigurationAggregatorName Ireland -ResourceType ([Amazon.ConfigService.ResourceType]::AWSAutoScalingAutoScalingGroup)

出力:

ResourceId : arn:aws:autoscaling:eu-west-1:123456789012:autoScalingGroup:12e3b4fc-1234-1234-a123-1d2ba3c45678:autoScalingGroupName/asg-1 ResourceName : asg-1 ResourceType : AWS::AutoScaling::AutoScalingGroup SourceAccountId : 123456789012 SourceRegion : eu-west-1

例 2: この例では、リージョン us-east-1 でフィルタリングされた特定のアグリゲータの「defaultAwsEC2SecurityGroup」という名前のリソースタイプを返します。

Get-CFGAggregateDiscoveredResourceList -ConfigurationAggregatorName raju -ResourceType ([Amazon.ConfigService.ResourceType]::AWSEC2SecurityGroup) -Filters_Region us-east-1 -Filters_ResourceName default

出力:

ResourceId : sg-01234bd5dbfa67c89 ResourceName : default ResourceType : AWS::EC2::SecurityGroup SourceAccountId : 123456789102 SourceRegion : us-east-1 ResourceId : sg-0123a4ebbf56789be ResourceName : default ResourceType : AWS::EC2::SecurityGroup SourceAccountId : 123456789102 SourceRegion : us-east-1 ResourceId : sg-4fc1d234 ResourceName : default ResourceType : AWS::EC2::SecurityGroup SourceAccountId : 123456789102 SourceRegion : us-east-1
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListAggregateDiscoveredResources」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGAggregateResourceConfig を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、集約された特定のリソースの設定項目を返し、設定を展開します。

(Get-CFGAggregateResourceConfig -ResourceIdentifier_SourceRegion us-east-1 -ResourceIdentifier_SourceAccountId 123456789012 -ResourceIdentifier_ResourceId sg-4fc1d234 -ResourceIdentifier_ResourceType ([Amazon.ConfigService.ResourceType]::AWSEC2SecurityGroup) -ConfigurationAggregatorName raju).Configuration | ConvertFrom-Json

出力:

{"description":"default VPC security group","groupName":"default","ipPermissions":[{"ipProtocol":"-1","ipv6Ranges":[],"prefixListIds":[],"userIdGroupPairs":[{"groupId":"sg-4fc1d234","userId":"123456789012"}],"ipv4Ranges":[],"ipRanges":[]},{"fromPort":3389,"ipProtocol":"tcp","ipv6Ranges":[],"prefixListIds":[],"toPort":3389,"userIdGroupPairs":[],"ipv4Ranges":[{"cidrIp":"54.240.197.224/29","description":"office subnet"},{"cidrIp":"72.21.198.65/32","description":"home pc"}],"ipRanges":["54.240.197.224/29","72.21.198.65/32"]}],"ownerId":"123456789012","groupId":"sg-4fc1d234","ipPermissionsEgress":[{"ipProtocol":"-1","ipv6Ranges":[],"prefixListIds":[],"userIdGroupPairs":[],"ipv4Ranges":[{"cidrIp":"0.0.0.0/0"}],"ipRanges":["0.0.0.0/0"]}],"tags":[],"vpcId":"vpc-2d1c2e34"}
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンス」の「GetAggregateResourceconfig-service」を参照してください。

次の例は、Get-CFGAggregateResourceConfigBatch を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたアグリゲータに存在するリソース (識別) の現在の設定項目を取得します。

$resIdentifier=[Amazon.ConfigService.Model.AggregateResourceIdentifier]@{ ResourceId= "i-012e3cb4df567e8aa" ResourceName = "arn:aws:ec2:eu-west-1:123456789012:instance/i-012e3cb4df567e8aa" ResourceType = [Amazon.ConfigService.ResourceType]::AWSEC2Instance SourceAccountId = "123456789012" SourceRegion = "eu-west-1" } Get-CFGAggregateResourceConfigBatch -ResourceIdentifier $resIdentifier -ConfigurationAggregatorName raju

出力:

BaseConfigurationItems UnprocessedResourceIdentifiers ---------------------- ------------------------------ {} {arn:aws:ec2:eu-west-1:123456789012:instance/i-012e3cb4df567e8aa}

次の例は、Get-CFGAggregationAuthorizationList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、アグリゲータに付与された認可を取得します。

Get-CFGAggregationAuthorizationList

出力:

AggregationAuthorizationArn AuthorizedAccountId AuthorizedAwsRegion CreationTime --------------------------- ------------------- ------------------- ------------ arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:aggregation-authorization/123456789012/eu-west-1 123456789012 eu-west-1 8/26/2019 12:55:27 AM
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeAggregationAuthorizations」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGComplianceByConfigRule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では ebs-optimized-instance、ルール のコンプライアンスの詳細を取得します。このルールには現在の評価結果がないため、INSUFFICIENT_DATA が返されます。

(Get-CFGComplianceByConfigRule -ConfigRuleName ebs-optimized-instance).Compliance

出力:

ComplianceContributorCount ComplianceType -------------------------- -------------- INSUFFICIENT_DATA

例 2: この例では、ルール ALB_HTTP_TO_HTTPS_REDIRECTION_CHECK の非準拠リソースの数を返します。

(Get-CFGComplianceByConfigRule -ConfigRuleName ALB_HTTP_TO_HTTPS_REDIRECTION_CHECK -ComplianceType NON_COMPLIANT).Compliance.ComplianceContributorCount

出力:

CapExceeded CappedCount ----------- ----------- False 2
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeComplianceByConfigRule」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGComplianceByResource を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、「COMPLIANT」コンプライアンスタイプのAWS::SSM::ManagedInstanceInventoryリソースタイプを確認します。

Get-CFGComplianceByResource -ComplianceType COMPLIANT -ResourceType AWS::SSM::ManagedInstanceInventory

出力:

Compliance ResourceId ResourceType ---------- ---------- ------------ Amazon.ConfigService.Model.Compliance i-0123bcf4b567890e3 AWS::SSM::ManagedInstanceInventory Amazon.ConfigService.Model.Compliance i-0a1234f6f5d6b78f7 AWS::SSM::ManagedInstanceInventory
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeComplianceByResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGComplianceDetailsByConfigRule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、ルールの評価結果を取得し access-keys-rotated 、コンプライアンスタイプ別にグループ化された出力を返します。

Get-CFGComplianceDetailsByConfigRule -ConfigRuleName access-keys-rotated | Group-Object ComplianceType

出力:

Count Name Group ----- ---- ----- 2 COMPLIANT {Amazon.ConfigService.Model.EvaluationResult, Amazon.ConfigService.Model.EvaluationResult} 5 NON_COMPLIANT {Amazon.ConfigService.Model.EvaluationResult, Amazon.ConfigService.Model.EvaluationResult, Amazon.ConfigService.Model.EvaluationRes...

例 2: この例では、COMPLIANT リソースのルール access-keys-rotated のコンプライアンス詳細をクエリします。

Get-CFGComplianceDetailsByConfigRule -ConfigRuleName access-keys-rotated -ComplianceType COMPLIANT | ForEach-Object {$_.EvaluationResultIdentifier.EvaluationResultQualifier}

出力:

ConfigRuleName ResourceId ResourceType -------------- ---------- ------------ access-keys-rotated BCAB1CDJ2LITAPVEW3JAH AWS::IAM::User access-keys-rotated BCAB1CDJ2LITL3EHREM4Q AWS::IAM::User
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetComplianceDetailsByConfigRule」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGComplianceDetailsByResource を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、特定のリソースのエビクション結果を示します。

Get-CFGComplianceDetailsByResource -ResourceId ABCD5STJ4EFGHIVEW6JAH -ResourceType 'AWS::IAM::User'

出力:

Annotation : ComplianceType : COMPLIANT ConfigRuleInvokedTime : 8/25/2019 11:34:56 PM EvaluationResultIdentifier : Amazon.ConfigService.Model.EvaluationResultIdentifier ResultRecordedTime : 8/25/2019 11:34:56 PM ResultToken :
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetComplianceDetailsByResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGComplianceSummaryByConfigRule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、非準拠の Config ルールの数を返します。

Get-CFGComplianceSummaryByConfigRule -Select ComplianceSummary.NonCompliantResourceCount

出力:

CapExceeded CappedCount ----------- ----------- False 9
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetComplianceSummaryByConfigRule」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGComplianceSummaryByResourceType を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、準拠または非準拠のリソースの数を返し、出力を json に変換します。

Get-CFGComplianceSummaryByResourceType -Select ComplianceSummariesByResourceType.ComplianceSummary | ConvertTo-Json { "ComplianceSummaryTimestamp": "2019-12-14T06:14:49.778Z", "CompliantResourceCount": { "CapExceeded": false, "CappedCount": 2 }, "NonCompliantResourceCount": { "CapExceeded": true, "CappedCount": 100 } }
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetComplianceSummaryByResourceType」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGConfigRule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、選択したプロパティを使用して、アカウントの設定ルールを一覧表示します。

Get-CFGConfigRule | Select-Object ConfigRuleName, ConfigRuleId, ConfigRuleArn, ConfigRuleState

出力:

ConfigRuleName ConfigRuleId ConfigRuleArn ConfigRuleState -------------- ------------ ------------- --------------- ALB_REDIRECTION_CHECK config-rule-12iyn3 arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-12iyn3 ACTIVE access-keys-rotated config-rule-aospfr arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-aospfr ACTIVE autoscaling-group-elb-healthcheck-required config-rule-cn1f2x arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-cn1f2x ACTIVE
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigRules」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGConfigRuleEvaluationStatus を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、指定された設定ルールのステータス情報を返します。

Get-CFGConfigRuleEvaluationStatus -ConfigRuleName root-account-mfa-enabled, vpc-flow-logs-enabled

出力:

ConfigRuleArn : arn:aws:config:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-kvq1wk ConfigRuleId : config-rule-kvq1wk ConfigRuleName : root-account-mfa-enabled FirstActivatedTime : 8/27/2019 8:05:17 AM FirstEvaluationStarted : True LastErrorCode : LastErrorMessage : LastFailedEvaluationTime : 1/1/0001 12:00:00 AM LastFailedInvocationTime : 1/1/0001 12:00:00 AM LastSuccessfulEvaluationTime : 12/13/2019 8:12:03 AM LastSuccessfulInvocationTime : 12/13/2019 8:12:03 AM ConfigRuleArn : arn:aws:config:eu-west-1:123456789012:config-rule/config-rule-z1s23b ConfigRuleId : config-rule-z1s23b ConfigRuleName : vpc-flow-logs-enabled FirstActivatedTime : 8/14/2019 6:23:44 AM FirstEvaluationStarted : True LastErrorCode : LastErrorMessage : LastFailedEvaluationTime : 1/1/0001 12:00:00 AM LastFailedInvocationTime : 1/1/0001 12:00:00 AM LastSuccessfulEvaluationTime : 12/13/2019 7:12:01 AM LastSuccessfulInvocationTime : 12/13/2019 7:12:01 AM
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigRuleEvaluationStatus」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGConfigurationAggregatorList を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、リージョン/アカウントのすべてのアグリゲータを返します。

Get-CFGConfigurationAggregatorList

出力:

AccountAggregationSources : {Amazon.ConfigService.Model.AccountAggregationSource} ConfigurationAggregatorArn : arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:config-aggregator/config-aggregator-xabca1me ConfigurationAggregatorName : IrelandMaster CreationTime : 8/25/2019 11:42:39 PM LastUpdatedTime : 8/25/2019 11:42:39 PM OrganizationAggregationSource : AccountAggregationSources : {} ConfigurationAggregatorArn : arn:aws:config-service:eu-west-1:123456789012:config-aggregator/config-aggregator-qubqabcd ConfigurationAggregatorName : raju CreationTime : 8/11/2019 8:39:25 AM LastUpdatedTime : 8/11/2019 8:39:25 AM OrganizationAggregationSource : Amazon.ConfigService.Model.OrganizationAggregationSource
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigurationAggregators」の「」を参照してください。

次の例は、Get-CFGConfigurationAggregatorSourcesStatus を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、指定されたアグリゲータのソースのリクエストされたフィールドが表示されます。

Get-CFGConfigurationAggregatorSourcesStatus -ConfigurationAggregatorName raju | select SourceType, LastUpdateStatus, LastUpdateTime, SourceId

出力:

SourceType LastUpdateStatus LastUpdateTime SourceId ---------- ---------------- -------------- -------- ORGANIZATION SUCCEEDED 12/31/2019 7:45:06 AM Organization ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:09:38 AM 612641234567 ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:12:53 AM 933301234567 ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:18:10 AM 933301234567 ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:25:17 AM 933301234567 ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:25:49 AM 612641234567 ACCOUNT SUCCEEDED 12/31/2019 7:26:11 AM 612641234567

次の例は、Get-CFGConfigurationRecorder を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、設定レコーダーの詳細を返します。

Get-CFGConfigurationRecorder | Format-List

出力:

Name : default RecordingGroup : Amazon.ConfigService.Model.RecordingGroup RoleARN : arn:aws:iam::123456789012:role/aws-service-role/config.amazonaws.com/AWSServiceRoleForConfig
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigurationRecorders」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGConfigurationRecorderStatus を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、設定レコーダーのステータスを返します。

Get-CFGConfigurationRecorderStatus

出力:

LastErrorCode : LastErrorMessage : LastStartTime : 10/11/2019 10:13:51 AM LastStatus : Success LastStatusChangeTime : 12/31/2019 6:14:12 AM LastStopTime : 10/11/2019 10:13:46 AM Name : default Recording : True
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeConfigurationRecorderStatus」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGConformancePack を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、すべてのコンフォーマンスパックを一覧表示します。

Get-CFGConformancePack

出力:

ConformancePackArn : arn:aws:config:eu-west-1:123456789012:conformance-pack/dono/conformance-pack-p0acq8bpz ConformancePackId : conformance-pack-p0acabcde ConformancePackInputParameters : {} ConformancePackName : dono CreatedBy : DeliveryS3Bucket : kt-ps-examples DeliveryS3KeyPrefix : LastUpdateRequestedTime : 12/31/2019 8:45:31 AM
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeConformancePacks」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGDeliveryChannel を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、リージョンの配信チャネルを取得し、詳細を表示します。

Get-CFGDeliveryChannel -Region eu-west-1 | Select-Object Name, S3BucketName, S3KeyPrefix, @{N="DeliveryFrequency";E={$_.ConfigSnapshotDeliveryProperties.DeliveryFrequency}}

出力:

Name S3BucketName S3KeyPrefix DeliveryFrequency ---- ------------ ----------- ----------------- default config-bucket-NA my TwentyFour_Hours
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeDeliveryChannels」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-CFGResourceTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、特定のリソースに関連するタグを一覧表示します。

Get-CFGResourceTag -ResourceArn $rules[0].ConfigRuleArn

出力:

Key Value --- ----- Version 1.3
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-CFGConformancePack を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、指定されたコンフォーマンスパックと、パックのすべてのルール、修復アクション、および評価結果を削除します。

Remove-CFGConformancePack -ConformancePackName dono

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-CFGConformancePack (DeleteConformancePack)" on target "dono". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): Y
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteConformancePack」の「」を参照してください。

次の例は、Write-CFGConformancePack を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、特定の yaml ファイルからテンプレートを取得して、コンフォーマンスパックを作成します。

Write-CFGConformancePack -ConformancePackName dono -DeliveryS3Bucket kt-ps-examples -TemplateBody (Get-Content C:\windows\temp\template.yaml -Raw)
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutConformancePack」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Write-CFGDeliveryChannel を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、既存の配信チャネルの deliveryFrequency プロパティを変更します。

Write-CFGDeliveryChannel -ConfigSnapshotDeliveryProperties_DeliveryFrequency TwentyFour_Hours -DeliveryChannelName default -DeliveryChannel_S3BucketName config-bucket-NA -DeliveryChannel_S3KeyPrefix my
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutDeliveryChannel」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell