Tools for を使用した Amazon EFS の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Tools for を使用した Amazon EFS の例 PowerShell

次のコード例は、Amazon EFS AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Edit-EFSMountTargetSecurityGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したマウントターゲットに対して有効なセキュリティグループを更新します。最大 5 つの を「sg-xxxxxxxx」の形式で指定できます。

Edit-EFSMountTargetSecurityGroup -MountTargetId fsmt-1a2b3c4d -SecurityGroup sg-group1,sg-group3
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスModifyMountTargetSecurityGroups」の「」を参照してください。

次の例は、Get-EFSFileSystem を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: リージョン内の呼び出し元のアカウントが所有するすべてのファイルシステムのコレクションを返します。

Get-EFSFileSystem

出力:

CreationTime : 5/26/2015 4:02:38 PM CreationToken : 1a2bff54-85e0-4747-bd95-7bc172c4f555 FileSystemId : fs-1a2b3c4d LifeCycleState : available Name : NumberOfMountTargets : 0 OwnerId : 123456789012 SizeInBytes : Amazon.ElasticFileSystem.Model.FileSystemSize CreationTime : 5/26/2015 4:06:23 PM CreationToken : 2b4daa14-85e0-4747-bd95-7bc172c4f555 FileSystemId : fs-4d3c2b1a ...

例 2: 指定されたファイルシステムの詳細を返します。

Get-EFSFileSystem -FileSystemId fs-1a2b3c4d

例 3: ファイルシステムの作成時に指定されたべき等作成トークンを使用して、ファイルシステムの詳細を返します。

Get-EFSFileSystem -CreationToken 1a2bff54-85e0-4747-bd95-7bc172c4f555
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeFileSystems」の「」を参照してください。

次の例は、Get-EFSMountTarget を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定されたファイルシステムに関連付けられたマウントターゲットのコレクションを返します。

Get-EFSMountTarget -FileSystemId fs-1a2b3c4d

出力:

FileSystemId : fs-1a2b3c4d IpAddress : 10.0.0.131 LifeCycleState : available MountTargetId : fsmt-1a2b3c4d NetworkInterfaceId : eni-1a2b3c4d OwnerId : 123456789012 SubnetId : subnet-1a2b3c4d
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeMountTargets」の「」を参照してください。

次の例は、Get-EFSMountTargetSecurityGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: マウントターゲットに関連付けられたネットワークインターフェイスに現在割り当てられているセキュリティグループの ID を返します。

Get-EFSMountTargetSecurityGroup -MountTargetId fsmt-1a2b3c4d

出力:

sg-1a2b3c4d
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeMountTargetSecurityGroups」の「」を参照してください。

次の例は、Get-EFSTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したファイルシステムに現在関連付けられているタグのコレクションを返します。

Get-EFSTag -FileSystemId fs-1a2b3c4d

出力:

Key Value --- ----- Name My File System tagkey1 tagvalue1 tagkey2 tagvalue2
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeTags」の「」を参照してください。

次の例は、New-EFSFileSystem を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 新しい空のファイルシステムを作成します。べき等の作成が自動的に生成され、返されたオブジェクトCreationTokenのメンバーからアクセスできるようにするために使用されるトークン。

New-EFSFileSystem

出力:

CreationTime : 5/26/2015 4:02:38 PM CreationToken : 1a2bff54-85e0-4747-bd95-7bc172c4f555 FileSystemId : fs-1a2b3c4d LifeCycleState : creating Name : NumberOfMountTargets : 0 OwnerId : 123456789012 SizeInBytes : Amazon.ElasticFileSystem.Model.FileSystemSize

例 2: カスタムトークンを使用して新しい空のファイルシステムを作成し、べき等の作成を確実にします。

New-EFSFileSystem -CreationToken "MyUniqueToken"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスCreateFileSystem」の「」を参照してください。

次の例は、New-EFSMountTarget を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ファイルシステムの新しいマウントターゲットを作成します。指定されたサブネットを使用して、マウントターゲットが作成される Virtual Private Cloud (VPC) と、自動割り当てされる IP アドレス (サブネットのアドレス範囲から) を決定します。割り当てられた IP アドレスを使用して、このファイルシステムを Amazon EC2 インスタンスにマウントできます。セキュリティグループが指定されていないため、ターゲット用に作成されたネットワークインターフェイスは、サブネットの VPC のデフォルトのセキュリティグループに関連付けられます。

New-EFSMountTarget -FileSystemId fs-1a2b3c4d -SubnetId subnet-1a2b3c4d

出力:

FileSystemId : fs-1a2b3c4d IpAddress : 10.0.0.131 LifeCycleState : creating MountTargetId : fsmt-1a2b3c4d NetworkInterfaceId : eni-1a2b3c4d OwnerId : 123456789012 SubnetId : subnet-1a2b3c4d

例 2: 自動割り当てられた IP アドレスを使用して、指定されたファイルシステムの新しいマウントターゲットを作成します。マウントターゲット用に作成されたネットワークインターフェイスは、指定されたセキュリティグループに関連付けられます (「sg-xxxxxxxx」の形式で最大 5 つまで指定できます)。

New-EFSMountTarget -FileSystemId fs-1a2b3c4d -SubnetId subnet-1a2b3c4d -SecurityGroup sg-group1,sg-group2,sg-group3

例 3: 指定された IP アドレスを使用して、指定されたファイルシステムの新しいマウントターゲットを作成します。

New-EFSMountTarget -FileSystemId fs-1a2b3c4d -SubnetId subnet-1a2b3c4d -IpAddress 10.0.0.131
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateMountTarget」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-EFSTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したファイルシステムにタグのコレクションを適用します。キーが指定されたタグがファイルシステムにすでに存在する場合、タグの値は更新されます。

New-EFSTag -FileSystemId fs-1a2b3c4d -Tag @{Key="tagkey1";Value="tagvalue1"},@{Key="tagkey2";Value="tagvalue2"}

例 2: 指定したファイルシステムの名前タグを設定します。この値は、Get-EFSFileSystem コマンドレットの使用時に、他のファイルシステムの詳細とともに返されます。

New-EFSTag -FileSystemId fs-1a2b3c4d -Tag @{Key="Name";Value="My File System"}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateTags」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-EFSFileSystem を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 使用しなくなった指定されたファイルシステムを削除します (ファイルシステムにマウントターゲットがある場合は、最初に削除する必要があります)。コマンドレットに進む前に確認を求めるプロンプトが表示されます - 確認を抑制するには、 -Forceスイッチを使用します。

Remove-EFSFileSystem -FileSystemId fs-1a2b3c4d
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteFileSystem」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-EFSMountTarget を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定されたマウントターゲットを削除します。操作を続行する前に確認画面が表示されます。プロンプトを抑制するには、 -Forceスイッチを使用します。このオペレーションでは、ターゲット経由でファイルシステムのマウントが強制的に中断されることに注意してください。可能であれば、このコマンドを実行する前にファイルシステムをアンマウントすることを検討してください。

Remove-EFSMountTarget -MountTargetId fsmt-1a2b3c4d
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteMountTarget」の「」を参照してください。

次の例は、Remove-EFSTag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ファイルシステムから 1 つ以上のタグのコレクションを削除します。コマンドレットに進む前に確認を求めるプロンプトが表示されます - 確認を抑制するには、 -Forceスイッチを使用します。

Remove-EFSTag -FileSystemId fs-1a2b3c4d -TagKey "tagkey1","tagkey2"
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteTags」の「」を参照してください。