Tools for を使用した Elastic Load Balancing - バージョン 2 の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Tools for を使用した Elastic Load Balancing - バージョン 2 の例 PowerShell

次のコード例は、Elastic Load Balancing - バージョン 2 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Add-ELB2ListenerCertificate を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナーに証明書を追加します。

Add-ELB2ListenerCertificate -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618' -Certificate @{CertificateArn = 'arn:aws:acm:us-east-1:123456789012:certificate/19478bd5-491d-47d4-b1d7-5217feba1d97'}

出力:

CertificateArn IsDefault -------------- --------- arn:aws:acm:us-east-1:123456789012:certificate/19478bd5-491d-47d4-b1d7-5217feba1d97 False
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスAddListenerCertificates」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Add-ELB2Tag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたAWS.Tools.ElasticLoadBalancingV2リソースに新しいタグを追加します。

Add-ELB2Tag -ResourceArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -Tag @{Key = 'productVersion'; Value = '1.0.0'}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスAddTags」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Edit-ELB2Listener を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナーのデフォルトアクションを固定レスポンスに変更します。

$newDefaultAction = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action]@{ "FixedResponseConfig" = @{ "ContentType" = "text/plain" "MessageBody" = "Hello World" "StatusCode" = "200" } "Type" = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.ActionTypeEnum]::FixedResponse } Edit-ELB2Listener -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/testALB/3e2f03b558e19676/d19f2f14974db685' -Port 8080 -DefaultAction $newDefaultAction

出力:

Certificates : {} DefaultActions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} ListenerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/testALB/3e2f03b558e19676/d19f2f14974db685 LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/testALB/3e2f03b558e19676 Port : 8080 Protocol : HTTP SslPolicy :
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスModifyListener」の「」を参照してください。

次の例は、Edit-ELB2LoadBalancerAttribute を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたロードバランサーの属性を変更します。

Edit-ELB2LoadBalancerAttribute -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -Attribute @{Key = 'deletion_protection.enabled'; Value = 'true'}

出力:

Key Value --- ----- deletion_protection.enabled true access_logs.s3.enabled false access_logs.s3.bucket access_logs.s3.prefix idle_timeout.timeout_seconds 60 routing.http2.enabled true routing.http.drop_invalid_header_fields.enabled false
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyLoadBalancerAttributes」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Edit-ELB2Rule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナールール設定を変更します。

$newRuleCondition = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition]@{ "PathPatternConfig" = @{ "Values" = "/login1","/login2","/login3" } "Field" = "path-pattern" } Edit-ELB2Rule -RuleArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/testALB/3e2f03b558e19676/1c84f02aec143e80/f4f51dfaa033a8cc' -Condition $newRuleCondition

出力:

Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition} IsDefault : False Priority : 10 RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/testALB/3e2f03b558e19676/1c84f02aec143e80/f4f51dfaa033a8cc
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyRule」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Edit-ELB2TargetGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループのプロパティを変更します。

Edit-ELB2TargetGroup -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970' -HealthCheckIntervalSecond 60 -HealthCheckPath '/index.html' -HealthCheckPort 8080

出力:

HealthCheckEnabled : True HealthCheckIntervalSeconds : 60 HealthCheckPath : /index.html HealthCheckPort : 8080 HealthCheckProtocol : HTTP HealthCheckTimeoutSeconds : 5 HealthyThresholdCount : 5 LoadBalancerArns : {} Matcher : Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Matcher Port : 80 Protocol : HTTP TargetGroupArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970 TargetGroupName : test-tg TargetType : instance UnhealthyThresholdCount : 2 VpcId : vpc-2cfd7000
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyTargetGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Edit-ELB2TargetGroupAttribute を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループの deregistration_delay 属性を変更します。

Edit-ELB2TargetGroupAttribute -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970' -Attribute @{Key = 'deregistration_delay.timeout_seconds'; Value = 600}

出力:

Key Value --- ----- stickiness.enabled false deregistration_delay.timeout_seconds 600 stickiness.type lb_cookie stickiness.lb_cookie.duration_seconds 86400 slow_start.duration_seconds 0 load_balancing.algorithm.type round_robin
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスModifyTargetGroupAttributes」の「」を参照してください。

次の例は、Get-ELB2AccountLimit を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、特定のリージョンの ELB2 アカウント制限を一覧表示します。

Get-ELB2AccountLimit

出力:

Max Name --- ---- 3000 target-groups 1000 targets-per-application-load-balancer 50 listeners-per-application-load-balancer 100 rules-per-application-load-balancer 50 network-load-balancers 3000 targets-per-network-load-balancer 500 targets-per-availability-zone-per-network-load-balancer 50 listeners-per-network-load-balancer 5 condition-values-per-alb-rule 5 condition-wildcards-per-alb-rule 100 target-groups-per-application-load-balancer 5 target-groups-per-action-on-application-load-balancer 1 target-groups-per-action-on-network-load-balancer 50 application-load-balancers
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeAccountLimits」の「」を参照してください。

次の例は、Get-ELB2Listener を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定した ALB/NLB のリスナーについて説明します。

Get-ELB2Listener -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f'

出力:

Certificates : {} DefaultActions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} ListenerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/1dac07c21187d41e LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f Port : 80 Protocol : HTTP SslPolicy : Certificates : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Certificate} DefaultActions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} ListenerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f Port : 443 Protocol : HTTPS SslPolicy : ELBSecurityPolicy-2016-08
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeListeners」の「」を参照してください。

次の例は、Get-ELB2ListenerCertificate を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナーの証明書について説明します。

Get-ELB2ListenerCertificate -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b'

出力:

CertificateArn IsDefault -------------- --------- arn:aws:acm:us-east-1:123456789012:certificate/5fc7c092-68bf-4862-969c-22fd48b6e17c True
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeListenerCertificates」の「」を参照してください。

次の例は、Get-ELB2LoadBalancer を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このサンプルでは、特定のリージョンのすべてのロードバランサーが表示されます。

Get-ELB2LoadBalancer

出力:

AvailabilityZones : {us-east-1c} CanonicalHostedZoneId : Z26RNL4JYFTOTI CreatedTime : 6/22/18 11:21:50 AM DNSName : test-elb1234567890-238d34ad8d94bc2e.elb.us-east-1.amazonaws.com IpAddressType : ipv4 LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/net/test-elb1234567890/238d34ad8d94bc2e LoadBalancerName : test-elb1234567890 Scheme : internet-facing SecurityGroups : {} State : Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.LoadBalancerState Type : network VpcId : vpc-2cf00000
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeLoadBalancers」の「」を参照してください。

次の例は、Get-ELB2LoadBalancerAttribute を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、特定のロードバランサーの属性を記述します。

Get-ELB2LoadBalancerAttribute -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/net/test-elb/238d34ad8d94bc2e'

出力:

Key Value --- ----- access_logs.s3.enabled false load_balancing.cross_zone.enabled true access_logs.s3.prefix deletion_protection.enabled false access_logs.s3.bucket
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeLoadBalancerAttributes」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2Rule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナー ARN のリスナールールについて説明します。

Get-ELB2Rule -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b'

出力:

Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition} IsDefault : False Priority : 1 RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b/2286fff5055e0f79 Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition} IsDefault : False Priority : 2 RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b/14e7b036567623ba Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {} IsDefault : True Priority : default RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b/853948cf3aa9b2bf
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeRules」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2SSLPolicy を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、 ElasticLoadBalancingV2 で使用可能なすべてのリスナーポリシーを一覧表示します。

Get-ELB2SSLPolicy

出力:

Ciphers Name SslProtocols ------- ---- ------------ {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-2016-08 {TLSv1, TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-TLS-1-2-2017-01 {TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-TLS-1-1-2017-01 {TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-TLS-1-2-Ext-2018-06 {TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-FS-2018-06 {TLSv1, TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-2015-05 {TLSv1, TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-TLS-1-0-2015-04 {TLSv1, TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-FS-1-2-Res-2019-08 {TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-FS-1-1-2019-08 {TLSv1.1, TLSv1.2} {ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256, ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256, ECDHE-RSA-AES128-SHA256} ELBSecurityPolicy-FS-1-2-2019-08 {TLSv1.2}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeSslPolicies」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2Tag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したリソースのタグを一覧表示します。

Get-ELB2Tag -ResourceArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f'

出力:

ResourceArn Tags ----------- ---- arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f {stage, internalName, version}
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTags」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2TargetGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループについて説明します。

Get-ELB2TargetGroup -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970'

出力:

HealthCheckEnabled : True HealthCheckIntervalSeconds : 30 HealthCheckPath : / HealthCheckPort : traffic-port HealthCheckProtocol : HTTP HealthCheckTimeoutSeconds : 5 HealthyThresholdCount : 5 LoadBalancerArns : {arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f} Matcher : Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Matcher Port : 80 Protocol : HTTP TargetGroupArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970 TargetGroupName : test-tg TargetType : instance UnhealthyThresholdCount : 2 VpcId : vpc-2cfd7000
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTargetGroups」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2TargetGroupAttribute を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループの属性について説明します。

Get-ELB2TargetGroupAttribute -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970'

出力:

Key Value --- ----- stickiness.enabled false deregistration_delay.timeout_seconds 300 stickiness.type lb_cookie stickiness.lb_cookie.duration_seconds 86400 slow_start.duration_seconds 0 load_balancing.algorithm.type round_robin
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTargetGroupAttributes」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Get-ELB2TargetHealth を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループに存在するターゲットのヘルスステータスを返します。

Get-ELB2TargetHealth -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970'

出力:

HealthCheckPort Target TargetHealth --------------- ------ ------------ 80 Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.TargetDescription Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.TargetHealth
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeTargetHealth」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-ELB2Listener を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループにトラフィックを送信するためのデフォルトアクション「フォワード」を使用して新しい ALB リスナーを作成します。

$defaultAction = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action]@{ ForwardConfig = @{ TargetGroups = @( @{ TargetGroupArn = "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/testAlbTG/3d61c2f20aa5bccb" } ) TargetGroupStickinessConfig = @{ DurationSeconds = 900 Enabled = $true } } Type = "Forward" } New-ELB2Listener -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/testALB/3e2f03b558e19676' -Port 8001 -Protocol "HTTP" -DefaultAction $defaultAction

出力:

Certificates : {} DefaultActions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} ListenerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/testALB/3e2f03b558e19676/1c84f02aec143e80 LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/testALB/3e2f03b558e19676 Port : 8001 Protocol : HTTP SslPolicy :
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateListener」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-ELB2LoadBalancer を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、2 つのサブネットを持つ新しいインターネット向け Application Load Balancer を作成します。

New-ELB2LoadBalancer -Type application -Scheme internet-facing -IpAddressType ipv4 -Name 'New-Test-ALB' -SecurityGroup 'sg-07c3414abb8811cbd' -subnet 'subnet-c37a67a6','subnet-fc02eea0'

出力:

AvailabilityZones : {us-east-1b, us-east-1a} CanonicalHostedZoneId : Z35SXDOTRQ7X7K CreatedTime : 12/28/19 2:58:03 PM DNSName : New-Test-ALB-1391502222.us-east-1.elb.amazonaws.com IpAddressType : ipv4 LoadBalancerArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/New-Test-ALB/dab2e4d90eb51493 LoadBalancerName : New-Test-ALB Scheme : internet-facing SecurityGroups : {sg-07c3414abb8811cbd} State : Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.LoadBalancerState Type : application VpcId : vpc-2cfd7000
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-ELB2Rule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナーのカスタマーヘッダー値に基づいて、固定レスポンスアクションで新しいリスナールールを作成します。

$newRuleAction = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action]@{ "FixedResponseConfig" = @{ "ContentType" = "text/plain" "MessageBody" = "Hello World" "StatusCode" = "200" } "Type" = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.ActionTypeEnum]::FixedResponse } $newRuleCondition = [Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition]@{ "httpHeaderConfig" = @{ "HttpHeaderName" = "customHeader" "Values" = "header2","header1" } "Field" = "http-header" } New-ELB2Rule -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/testALB/3e2f03b558e19676/1c84f02aec143e80' -Action $newRuleAction -Condition $newRuleCondition -Priority 10

出力:

Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition} IsDefault : False Priority : 10 RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/testALB/3e2f03b558e19676/1c84f02aec143e80/f4f51dfaa033a8cc
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateRule」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-ELB2TargetGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたパラメータを使用して新しいターゲットグループを作成します。

New-ELB2TargetGroup -HealthCheckEnabled 1 -HealthCheckIntervalSeconds 30 -HealthCheckPath '/index.html' -HealthCheckPort 80 -HealthCheckTimeoutSecond 5 -HealthyThresholdCount 2 -UnhealthyThresholdCount 5 -Port 80 -Protocol 'HTTP' -TargetType instance -VpcId 'vpc-2cfd7000' -Name 'NewTargetGroup'

出力:

HealthCheckEnabled : True HealthCheckIntervalSeconds : 30 HealthCheckPath : /index.html HealthCheckPort : 80 HealthCheckProtocol : HTTP HealthCheckTimeoutSeconds : 5 HealthyThresholdCount : 2 LoadBalancerArns : {} Matcher : Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Matcher Port : 80 Protocol : HTTP TargetGroupArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/NewTargetGroup/534e484681d801bf TargetGroupName : NewTargetGroup TargetType : instance UnhealthyThresholdCount : 5 VpcId : vpc-2cfd7000
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスCreateTargetGroup」の「」を参照してください。

次の例は、Register-ELB2Target を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループに「i-0672a4c4cdeae3111」インスタンスを登録します。

Register-ELB2Target -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970' -Target @{Port = 80; Id = 'i-0672a4c4cdeae3111'}
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスRegisterTargets」の「」を参照してください。

次の例は、Remove-ELB2Listener を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたリスナーを削除します。

Remove-ELB2Listener -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2Listener (DeleteListener)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/66e10e3aaf5b6d9b". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y

例 2: この例では、指定されたリスナーをロードバランサーから削除します。

Remove-ELB2Listener -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2Listener (DeleteListener)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteListener」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-ELB2ListenerCertificate を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループから指定された証明書を削除します。

Remove-ELB2ListenerCertificate -Certificate @{CertificateArn = 'arn:aws:acm:us-east-1:123456789012:certificate/19478bd5-491d-47d4-b1d7-5217feba1d97'} -ListenerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2ListenerCertificate (RemoveListenerCertificates)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRemoveListenerCertificates」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-ELB2LoadBalancer を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたロードバランサーを削除します。

Remove-ELB2LoadBalancer -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2LoadBalancer (DeleteLoadBalancer)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-ELB2Rule を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたルールをリスナーから削除します。

Remove-ELB2Rule -RuleArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618/4b25eb10a42e33ab'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2Rule (DeleteRule)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/3873f123b98f7618/4b25eb10a42e33ab". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteRule」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-ELB2Tag を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したキーの タグを削除します。

Remove-ELB2Tag -ResourceArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -TagKey 'productVersion'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2Tag (RemoveTags)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスRemoveTags」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Remove-ELB2TargetGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたターゲットグループを削除します。

Remove-ELB2TargetGroup -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/testsssss/4e0b6076bc6483a7'

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ELB2TargetGroup (DeleteTargetGroup)" on target "arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/testsssss/4e0b6076bc6483a7". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"): y
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteTargetGroup」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Set-ELB2IpAddressType を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、ロードバランサーの IP アドレスタイプを「IPv4」からDualStack「」に変更します。

Set-ELB2IpAddressType -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -IpAddressType dualstack

出力:

Value ----- dualstack
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetIpAddressType」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Set-ELB2RulePriority を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したリスナールールの優先度を変更します。

Set-ELB2RulePriority -RulePriority -RulePriority @{Priority = 11; RuleArn = 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/a4eb199fa5046f80/dbf4c6dcef3ec6f8'}

出力:

Actions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.Action} Conditions : {Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.RuleCondition} IsDefault : False Priority : 11 RuleArn : arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:listener-rule/app/test-alb/3651b4394dd9a24f/a4eb199fa5046f80/dbf4c6dcef3ec6f8
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetRulePriorities」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Set-ELB2SecurityGroup を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、セキュリティグループ「sg-07c3414abb8811cbd」を指定されたロードバランサーに追加します。

Set-ELB2SecurityGroup -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -SecurityGroup 'sg-07c3414abb8811cbd'

出力:

sg-07c3414abb8811cbd
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetSecurityGroups」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Set-ELB2Subnet を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたロードバランサーのサブネットを変更します。

Set-ELB2Subnet -LoadBalancerArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:loadbalancer/app/test-alb/3651b4394dd9a24f' -Subnet 'subnet-7d8a0a51','subnet-c37a67a6'

出力:

LoadBalancerAddresses SubnetId ZoneName --------------------- -------- -------- {} subnet-7d8a0a51 us-east-1c {} subnet-c37a67a6 us-east-1b
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetSubnets」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Unregister-ELB2Target を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: この例では、指定したターゲットグループからインスタンス 'i-0672a4c4cdeae3111' を登録解除します。

$targetDescription = New-Object Amazon.ElasticLoadBalancingV2.Model.TargetDescription $targetDescription.Id = 'i-0672a4c4cdeae3111' Unregister-ELB2Target -Target $targetDescription -TargetGroupArn 'arn:aws:elasticloadbalancing:us-east-1:123456789012:targetgroup/test-tg/a4e04b3688be1970'
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeregisterTargets」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell