Tools for を使用した S3 Glacier の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Tools for を使用した S3 Glacier の例 PowerShell

次のコード例は、S3 Glacier AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-GLCJob を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定されたジョブの詳細を返します。ジョブが正常に完了すると、Read-GC JobOutput コマンドレットを使用して、ローカルファイルシステムにジョブの内容 (アーカイブまたはインベントリリスト) を取得できます。

Get-GLCJob -VaultName myvault -JobId "op1x...JSbthM"

出力:

Action : ArchiveRetrieval ArchiveId : o9O9j...X-TpIhQJw ArchiveSHA256TreeHash : 79f3ea754c02f58...dc57bf4395b ArchiveSizeInBytes : 38034480 Completed : False CompletionDate : 1/1/0001 12:00:00 AM CreationDate : 12/13/2018 11:00:14 AM InventoryRetrievalParameters : InventorySizeInBytes : 0 JobDescription : JobId : op1x...JSbthM JobOutputPath : OutputLocation : RetrievalByteRange : 0-38034479 SelectParameters : SHA256TreeHash : 79f3ea754c02f58...dc57bf4395b SNSTopic : StatusCode : InProgress StatusMessage : Tier : Standard VaultARN : arn:aws:glacier:us-west-2:012345678912:vaults/test
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeJob」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、New-GLCVault を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ユーザーのアカウント用に新しいボールトを作成します。AccountId パラメータに値が指定されていないため、コマンドレットは現在のアカウントを示すデフォルトの「-」を使用します。

New-GLCVault -VaultName myvault

出力:

/01234567812/vaults/myvault
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateVault」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Read-GLCJobOutput を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したジョブで取得がスケジュールされたアーカイブコンテンツをダウンロードし、ディスク上のファイルに保存します。チェックサムがある場合は、ダウンロードによって検証されます。必要に応じて、チェックサムは のようなサービスレスポンス履歴から取得できます (このコマンドレットが最後の実行であったと仮定): $AWSHistory.LastServiceResponse。コマンドレットが最後に実行されなかった場合は、$AWSHistory.Commandsコレクションを調べて関連するサービスレスポンスを取得します。

Read-GLCJobOutput -VaultName myvault -JobId "HSWjArc...Zq2XLiW" -FilePath "c:\temp\blue.bin"
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetJobOutput」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

次の例は、Start-GLCJob を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: ユーザーが所有する指定されたボールトからアーカイブを取得するジョブを開始します。ジョブのステータスは、Get-GLCJob コマンドレットを使用して確認できます。ジョブが正常に完了すると、Read-GC JobOutput コマンドレットを使用してアーカイブの内容をローカルファイルシステムに取得できます。

Start-GLCJob -VaultName myvault -JobType "archive-retrieval" -JobDescription "archive retrieval" -ArchiveId "o9O9j...TX-TpIhQJw"

出力:

JobId JobOutputPath Location ----- ------------- -------- op1x...JSbthM /012345678912/vaults/test/jobs/op1xe...I4HqCHkSJSbthM
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスInitiateJob」の「」を参照してください。

次の例は、Write-GLCArchive を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: 指定したボールトに 1 つのファイルをアップロードし、アーカイブ ID と計算されたチェックサムを返します。

Write-GLCArchive -VaultName myvault -FilePath c:\temp\blue.bin

出力:

FilePath ArchiveId Checksum -------- --------- -------- C:\temp\blue.bin o9O9jUUs...TTX-TpIhQJw 79f3e...f4395b

例 2: フォルダ階層の内容をユーザーのアカウントで指定されたボールトにアップロードします。コマンドレットは、アップロードされたファイルごとにファイル名、対応するアーカイブ ID、およびアーカイブの計算されたチェックサムを出力します。

Write-GLCArchive -VaultName myvault -FolderPath . -Recurse

出力:

FilePath ArchiveId Checksum -------- --------- -------- C:\temp\blue.bin o9O9jUUs...TTX-TpIhQJw 79f3e...f4395b C:\temp\green.bin qXAfOdSG...czo729UHXrw d50a1...9184b9 C:\temp\lum.bin 39aNifP3...q9nb8nZkFIg 28886...5c3e27 C:\temp\red.bin vp7E6rU_...Ejk_HhjAxKA e05f7...4e34f5 C:\temp\Folder1\file1.txt _eRINlip...5Sxy7dD2BaA d0d2a...c8a3ba C:\temp\Folder2\file2.iso -Ix3jlmu...iXiDh-XfOPA 7469e...3e86f1
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスUploadArchive」の「」を参照してください。