AWS の料金表 Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS の料金表 Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS の料金表。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-PLSAttributeValue を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: us-east-1 リージョンの Amazon EC2 の属性「volumeType」の値を返します。

Get-PLSAttributeValue -ServiceCode AmazonEC2 -AttributeName "volumeType" -region us-east-1

出力:

Value ----- Cold HDD General Purpose Magnetic Provisioned IOPS Throughput Optimized HDD
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetAttributeValues」の「」を参照してください。

次の例は、Get-PLSProduct を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: Amazon EC2 のすべての製品の詳細を返します。

Get-PLSProduct -ServiceCode AmazonEC2 -Region us-east-1

出力:

{"product":{"productFamily":"Compute Instance","attributes":{"enhancedNetworkingSupported":"Yes","memory":"30.5 GiB","dedicatedEbsThroughput":"800 Mbps","vcpu":"4","locationType":"AWS Region","storage":"EBS only","instanceFamily":"Memory optimized","operatingSystem":"SUSE","physicalProcessor":"Intel Xeon E5-2686 v4 (Broadwell)","clockSpeed":"2.3 GHz","ecu":"Variable","networkPerformance":"Up to 10 Gigabit","servicename":"Amazon Elastic Compute Cloud","instanceType":"r4.xlarge","tenancy":"Shared","usagetype":"USW2-BoxUsage:r4.xlarge","normalizationSizeFactor":"8","processorFeatures":"Intel AVX, Intel AVX2, Intel Turbo","servicecode":"AmazonEC2","licenseModel":"No License required","currentGeneration":"Yes","preInstalledSw":"NA","location":"US West (Oregon)","processorArchitecture":"64-bit","operation":"RunInstances:000g"},...

例 2: SSD-Backed の「汎用」のボリュームタイプでフィルタリングされた us-east-1 リージョンの Amazon EC2 のデータを返します。

Get-PLSProduct -ServiceCode AmazonEC2 -Filter @{Type="TERM_MATCH";Field="volumeType";Value="General Purpose"},@{Type="TERM_MATCH";Field="storageMedia";Value="SSD-backed"} -Region us-east-1

出力:

{"product":{"productFamily":"Storage","attributes":{"storageMedia":"SSD-backed","maxThroughputvolume":"160 MB/sec","volumeType":"General Purpose","maxIopsvolume":"10000",...
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetProducts」の「」を参照してください。

次の例は、Get-PLSService を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: us-east-1 リージョンで使用可能なすべてのサービスコードのメタデータを返します。

Get-PLSService -Region us-east-1

出力:

AttributeNames ServiceCode -------------- ----------- {productFamily, servicecode, groupDescription, termType...} AWSBudgets {productFamily, servicecode, termType, usagetype...} AWSCloudTrail {productFamily, servicecode, termType, usagetype...} AWSCodeCommit {productFamily, servicecode, termType, usagetype...} AWSCodeDeploy {productFamily, servicecode, termType, usagetype...} AWSCodePipeline {productFamily, servicecode, termType, usagetype...} AWSConfig ...

例 2: us-east-1 リージョンの Amazon EC2 サービスのメタデータを返します。

Get-PLSService -ServiceCode AmazonEC2 -Region us-east-1

出力:

AttributeNames ServiceCode -------------- ----------- {volumeType, maxIopsvolume, instanceCapacity10xlarge, locationType...} AmazonEC2
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDescribeServices」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell