Tools for を使用した Amazon SES の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Tools for を使用した Amazon SES の例 PowerShell

次のコード例は、Amazon SES AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、Get-SESIdentity を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、検証ステータスに関係なく、特定の AWS アカウントのすべての ID (E メールアドレスとドメイン) を含むリストを返します。

Get-SESIdentity
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListIdentities」の「」を参照してください。

次の例は、Get-SESSendQuota を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、ユーザーの現在の送信制限を返します。

Get-SESSendQuota
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetSendQuota」の「」を参照してください。

次の例は、Get-SESSendStatistic を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、ユーザーの送信統計を返します。結果は、過去 2 週間の送信アクティビティを表すデータポイントのリストです。リスト内の各データポイントには、15 分間隔の統計が含まれています。

Get-SESSendStatistic
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetSendStatistics」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell