AWS WAFV2 Tools for を使用した の例 PowerShell - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS WAFV2 Tools for を使用した の例 PowerShell

次のコード例は、 AWS Tools for PowerShell で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS WAFV2。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、New-WAF2WebACL を使用する方法を説明しています。

のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、「waf-test」という名前の新しいウェブ ACL を作成します。サービス API ドキュメントに従って、DefaultAction「」は必須プロパティであることに注意してください。したがって、「-DefaultAction_Allow」と「-DefaultAction_Block」のいずれかの値を指定する必要があります。'-DefaultAction_Allow' と '-DefaultAction_Block' は必須プロパティではないため、上記の例に示すように、値 '@{}' をプレースホルダーとして使用できます。

New-WAF2WebACL -Name "waf-test" -Scope REGIONAL -Region eu-west-1 -VisibilityConfig_CloudWatchMetricsEnabled $true -VisibilityConfig_SampledRequestsEnabled $true -VisibilityConfig_MetricName "waf-test" -Description "Test" -DefaultAction_Allow @{}

出力:

ARN : arn:aws:wafv2:eu-west-1:139480602983:regional/webacl/waf-test/19460b3f-db14-4b9a-8e23-a417e1eb007f Description : Test Id : 19460b3f-db14-4b9a-8e23-a417e1eb007f LockToken : 5a0cd5eb-d911-4341-b313-b429e6d6b6ab Name : waf-test
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCreateWebAcl」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell