SDK for Python (Boto3) を使用した Application Recovery Controller の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for Python (Boto3) を使用した Application Recovery Controller の例

次のコード例は、Application Recovery Controller AWS SDK for Python (Boto3) で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、GetRoutingControlState を使用する方法を説明しています。

SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import boto3 def create_recovery_client(cluster_endpoint): """ Creates a Boto3 Route 53 Application Recovery Controller client for the specified cluster endpoint URL and AWS Region. :param cluster_endpoint: The cluster endpoint URL and Region. :return: The Boto3 client. """ return boto3.client( "route53-recovery-cluster", endpoint_url=cluster_endpoint["Endpoint"], region_name=cluster_endpoint["Region"], ) def get_routing_control_state(routing_control_arn, cluster_endpoints): """ Gets the state of a routing control. Cluster endpoints are tried in sequence until the first successful response is received. :param routing_control_arn: The ARN of the routing control to look up. :param cluster_endpoints: The list of cluster endpoints to query. :return: The routing control state response. """ # As a best practice, we recommend choosing a random cluster endpoint to get or set routing control states. # For more information, see https://docs.aws.amazon.com/r53recovery/latest/dg/route53-arc-best-practices.html#route53-arc-best-practices.regional random.shuffle(cluster_endpoints) for cluster_endpoint in cluster_endpoints: try: recovery_client = create_recovery_client(cluster_endpoint) response = recovery_client.get_routing_control_state( RoutingControlArn=routing_control_arn ) return response except Exception as error: print(error) raise error
  • API の詳細については、GetRoutingControlStateAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、UpdateRoutingControlState を使用する方法を説明しています。

SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import boto3 def create_recovery_client(cluster_endpoint): """ Creates a Boto3 Route 53 Application Recovery Controller client for the specified cluster endpoint URL and AWS Region. :param cluster_endpoint: The cluster endpoint URL and Region. :return: The Boto3 client. """ return boto3.client( "route53-recovery-cluster", endpoint_url=cluster_endpoint["Endpoint"], region_name=cluster_endpoint["Region"], ) def update_routing_control_state( routing_control_arn, cluster_endpoints, routing_control_state ): """ Updates the state of a routing control. Cluster endpoints are tried in sequence until the first successful response is received. :param routing_control_arn: The ARN of the routing control to update the state for. :param cluster_endpoints: The list of cluster endpoints to try. :param routing_control_state: The new routing control state. :return: The routing control update response. """ # As a best practice, we recommend choosing a random cluster endpoint to get or set routing control states. # For more information, see https://docs.aws.amazon.com/r53recovery/latest/dg/route53-arc-best-practices.html#route53-arc-best-practices.regional random.shuffle(cluster_endpoints) for cluster_endpoint in cluster_endpoints: try: recovery_client = create_recovery_client(cluster_endpoint) response = recovery_client.update_routing_control_state( RoutingControlArn=routing_control_arn, RoutingControlState=routing_control_state, ) return response except Exception as error: print(error)
  • API の詳細については、UpdateRoutingControlStateAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。