AWS SDK またはコマンドラインツールCreateLedgerで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateLedgerで を使用する

以下のコード例は、CreateLedger の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: デフォルトプロパティを使用して台帳を作成するには

次の create-ledger の例は、名前 myExampleLedger とアクセス許可モード STANDARD で台帳を作成します。削除保護と AWS KMS キーのオプションパラメータは指定されていないため、デフォルトでは trueおよび AWS 所有の KMS キーになります。

aws qldb create-ledger \ --name myExampleLedger \ --permissions-mode STANDARD

出力:

{ "State": "CREATING", "Arn": "arn:aws:qldb:us-west-2:123456789012:ledger/myExampleLedger", "DeletionProtection": true, "CreationDateTime": 1568839243.951, "Name": "myExampleLedger", "PermissionsMode": "STANDARD" }

例 2: 削除保護が無効な台帳をカスタマーマネージド KMS キーと指定されたタグを使用して作成するには

次の create-ledger の例は、名前 myExampleLedger2 とアクセス許可モード STANDARD で台帳を作成します。削除保護機能は無効になり、保存中の暗号化には指定されたカスタマーマネージド KMS キーが使用され、指定されたタグがリソースにアタッチされます。

aws qldb create-ledger \ --name myExampleLedger2 \ --permissions-mode STANDARD \ --no-deletion-protection \ --kms-key arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 \ --tags IsTest=true,Domain=Test

出力:

{ "Arn": "arn:aws:qldb:us-west-2:123456789012:ledger/myExampleLedger2", "DeletionProtection": false, "CreationDateTime": 1568839543.557, "State": "CREATING", "Name": "myExampleLedger2", "PermissionsMode": "STANDARD", "KmsKeyArn": "arn:aws:kms:us-west-2:123456789012:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }

詳細については、「Amazon QLDB 開発者ガイド」の「Amazon QLDB 台帳の基本的なオペレーション」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLedger」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn make_ledger(client: &Client, ledger: &str) -> Result<(), Error> { let result = client .create_ledger() .name(ledger) .permissions_mode(PermissionsMode::AllowAll) .send() .await?; println!("ARN: {}", result.arn().unwrap()); Ok(()) }
  • API の詳細については、CreateLedgerAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。