AWS SDK またはコマンドラインツールExecuteStatementで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールExecuteStatementで を使用する

以下のコード例は、ExecuteStatement の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: トランザクションの一部である SQL ステートメントを実行するには

次の execute-statement の例は、トランザクションの一部である SQL ステートメントを実行します。

aws rds-data execute-statement \ --resource-arn "arn:aws:rds:us-west-2:123456789012:cluster:mydbcluster" \ --database "mydb" \ --secret-arn "arn:aws:secretsmanager:us-west-2:123456789012:secret:mysecret" \ --sql "update mytable set quantity=5 where id=201" \ --transaction-id "ABC1234567890xyz"

出力:

{ "numberOfRecordsUpdated": 1 }

例 2: パラメータを使用して SQL ステートメントを実行するには

以下の execute-statement の例は、パラメータを使用して SQL ステートメントを実行します。

aws rds-data execute-statement \ --resource-arn "arn:aws:rds:us-east-1:123456789012:cluster:mydbcluster" \ --database "mydb" \ --secret-arn "arn:aws:secretsmanager:us-east-1:123456789012:secret:mysecret" \ --sql "insert into mytable values (:id, :val)" \ --parameters "[{\"name\": \"id\", \"value\": {\"longValue\": 1}},{\"name\": \"val\", \"value\": {\"stringValue\": \"value1\"}}]"

出力:

{ "numberOfRecordsUpdated": 1 }

詳細については、「Amazon RDS ユーザーガイド」の「Aurora Serverless v1 の Data API の使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスExecuteStatement」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn query_cluster( client: &Client, cluster_arn: &str, query: &str, secret_arn: &str, ) -> Result<(), Error> { let st = client .execute_statement() .resource_arn(cluster_arn) .database("postgres") // Do not confuse this with db instance name .sql(query) .secret_arn(secret_arn); let result = st.send().await?; println!("{:?}", result); println!(); Ok(()) }
  • API の詳細については、ExecuteStatementAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。