AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteClusterで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteClusterで を使用する

以下のコード例は、DeleteCluster の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

最終クラスターがないクラスターを削除する の SnapshotThis 例では、クラスターを削除し、データの削除を強制するため、最終クラスタースナップショットは作成されません。コマンド:

aws redshift delete-cluster --cluster-identifier mycluster --skip-final-cluster-snapshot

クラスターを削除します。最終クラスターを許可する SnapshotThis 例ではクラスターを削除しますが、最終クラスター snapshot.Command を指定します。

aws redshift delete-cluster --cluster-identifier mycluster --final-cluster-snapshot-identifier myfinalsnapshot
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteCluster」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

クラスターを削除します。

public static void deleteRedshiftCluster(RedshiftClient redshiftClient, String clusterId) { try { DeleteClusterRequest deleteClusterRequest = DeleteClusterRequest.builder() .clusterIdentifier(clusterId) .skipFinalClusterSnapshot(true) .build(); DeleteClusterResponse response = redshiftClient.deleteCluster(deleteClusterRequest); System.out.println("The status is " + response.cluster().clusterStatus()); } catch (RedshiftException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteCluster」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

クライアントを作成します。

import { RedshiftClient } from "@aws-sdk/client-redshift"; // Set the AWS Region. const REGION = "REGION"; //Set the Redshift Service Object const redshiftClient = new RedshiftClient({ region: REGION }); export { redshiftClient };

クラスターを作成する。

// Import required AWS SDK clients and commands for Node.js import { DeleteClusterCommand } from "@aws-sdk/client-redshift"; import { redshiftClient } from "./libs/redshiftClient.js"; const params = { ClusterIdentifier: "CLUSTER_NAME", SkipFinalClusterSnapshot: false, FinalClusterSnapshotIdentifier: "CLUSTER_SNAPSHOT_ID", }; const run = async () => { try { const data = await redshiftClient.send(new DeleteClusterCommand(params)); console.log("Success, cluster deleted. ", data); return data; // For unit tests. } catch (err) { console.log("Error", err); } }; run();
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteCluster」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

Kotlin
SDK for Kotlin
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

クラスターを削除します。

suspend fun deleteRedshiftCluster(clusterId: String?) { val request = DeleteClusterRequest { clusterIdentifier = clusterId skipFinalClusterSnapshot = true } RedshiftClient { region = "us-west-2" }.use { redshiftClient -> val response = redshiftClient.deleteCluster(request) println("The status is ${response.cluster?.clusterStatus}") } }
  • API の詳細については、DeleteClusterAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class RedshiftWrapper: """ Encapsulates Amazon Redshift cluster operations. """ def __init__(self, redshift_client): """ :param redshift_client: A Boto3 Redshift client. """ self.client = redshift_client def delete_cluster(self, cluster_identifier): """ Deletes a cluster. :param cluster_identifier: The cluster identifier. """ try: self.client.delete_cluster( ClusterIdentifier=cluster_identifier, SkipFinalClusterSnapshot=True ) except ClientError as err: logging.error( "Couldn't delete a cluster. Here's why: %s: %s", err.response["Error"]["Code"], err.response["Error"]["Message"], ) raise

次のコードは RedshiftWrapper 、 オブジェクトをインスタンス化します。

client = boto3.client("redshift") redhift_wrapper = RedshiftWrapper(client)
  • API の詳細については、DeleteClusterAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。