AWS SDK またはコマンドラインツールTagResourcesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールTagResourcesで を使用する

以下のコード例は、TagResources の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

リソースにタグをアタッチするには

次のtag-resources例では、指定されたリソースにキー名と値でタグ付けします。

aws resourcegroupstaggingapi tag-resources \ --resource-arn-list arn:aws:s3:::MyProductionBucket \ --tags Environment=Production,CostCenter=1234

出力:

{ "FailedResourcesMap": {} }

詳細については、「Resource Groups Tagging API ReferenceTagResources」の「」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResources」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、値が「beta」と「preprod_test」のタグキー「stage」と「version」を Amazon S3 バケットと Amazon DynamoDB テーブルに追加します。タグを適用するために、サービスに対して 1 回の呼び出しが行われます。

$arn1 = "arn:aws:s3:::mybucket" $arn2 = "arn:aws:dynamodb:us-west-2:123456789012:table/mytable" Add-RGTResourceTag -ResourceARNList $arn1,$arn2 -Tag @{ "stage"="beta"; "version"="preprod_test" }

例 2: この例では、指定したタグと値を Amazon S3 バケットと Amazon DynamoDB テーブルに追加します。コマンドレットにパイプされたリソース ARN ごとに 1 つずつ、サービスに対して 2 回の呼び出しが行われます。

$arn1 = "arn:aws:s3:::mybucket" $arn2 = "arn:aws:dynamodb:us-west-2:123456789012:table/mytable" $arn1,$arn2 | Add-RGTResourceTag -Tag @{ "stage"="beta"; "version"="preprod_test" }
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスTagResources」の「」を参照してください。