AWS SDK またはコマンドラインツールListHostedZonesで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListHostedZonesで を使用する

以下のコード例は、ListHostedZones の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

現在の AWS アカウントに関連付けられているホストゾーンを一覧表示するには

次のlist-hosted-zonesコマンドは、現在の AWS アカウントに関連付けられている最初の 100 個のホストゾーンに関する概要情報を一覧表示します。

aws route53 list-hosted-zones

ホストゾーンが 100 個を超える場合や、100 個未満のグループにホストゾーンを一覧表示する場合は、--max-items パラメータを含めてください。例えば、タイムゾーンを一度に一覧表示するには、次のコマンドを使用します。

aws route53 list-hosted-zones --max-items 1

次のホストゾーンに関する情報を表示するには、前のコマンドに対する応答から NextToken の値を取得し、その値を --starting-token パラメーターに含めます。次に例を示します。

aws route53 list-hosted-zones --max-items 1 --starting-token Z3M3LMPEXAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListHostedZones」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: すべてのパブリックホストゾーンとプライベートホストゾーンを出力します。

Get-R53HostedZoneList

例 2: ID NZ8X2CISAMPLE の再利用可能な委任セットに関連付けられているすべてのホストゾーンを出力する

Get-R53HostedZoneList -DelegationSetId NZ8X2CISAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスListHostedZones」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_host_info(client: &aws_sdk_route53::Client) -> Result<(), aws_sdk_route53::Error> { let hosted_zone_count = client.get_hosted_zone_count().send().await?; println!( "Number of hosted zones in region : {}", hosted_zone_count.hosted_zone_count(), ); let hosted_zones = client.list_hosted_zones().send().await?; println!("Zones:"); for hz in hosted_zones.hosted_zones() { let zone_name = hz.name(); let zone_id = hz.id(); println!(" ID : {}", zone_id); println!(" Name : {}", zone_name); println!(); } Ok(()) }
  • API の詳細については、ListHostedZonesAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。