AWS SDK またはコマンドラインツールListQueryLoggingConfigsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListQueryLoggingConfigsで を使用する

以下のコード例は、ListQueryLoggingConfigs の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

クエリログ設定を一覧表示するには

次のlist-query-logging-configs例では、ホストゾーン について、 AWS アカウント 内の最初の 100 個のクエリログ記録設定に関する情報を一覧表示しますZ1OX3WQEXAMPLE

aws route53 list-query-logging-configs \ --hosted-zone-id Z1OX3WQEXAMPLE

出力:

{ "QueryLoggingConfigs": [ { "Id": "964ff34e-ae03-4f06-80a2-9683cexample", "HostedZoneId": "Z1OX3WQEXAMPLE", "CloudWatchLogsLogGroupArn": "arn:aws:logs:us-east-1:111122223333:log-group:/aws/route53/example.com:*" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS クエリのログ記録」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListQueryLoggingConfigs」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、現在の に関連付けられている DNS クエリログ記録のすべての設定を返します AWS アカウント。

Get-R53QueryLoggingConfigList

出力:

Id HostedZoneId CloudWatchLogsLogGroupArn -- ------------ ------------------------- 59b0fa33-4fea-4471-a88c-926476aaa40d Z385PDS6EAAAZR arn:aws:logs:us-east-1:111111111112:log-group:/aws/route53/example1.com:* ee528e95-4e03-4fdc-9d28-9e24ddaaa063 Z94SJHBV1AAAAZ arn:aws:logs:us-east-1:111111111112:log-group:/aws/route53/example2.com:* e38dddda-ceb6-45c1-8cb7-f0ae56aaaa2b Z3MEQ8T7AAA1BF arn:aws:logs:us-east-1:111111111112:log-group:/aws/route53/example3.com:*
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListQueryLoggingConfigs」の「」を参照してください。