CloudTrail SDK for Ruby を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudTrail SDK for Ruby を使用した の例

次のコード例は、 AWS SDK for Ruby で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudTrail。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、CreateTrail を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

require "aws-sdk-cloudtrail" # v2: require 'aws-sdk' require "aws-sdk-s3" require "aws-sdk-sts" def create_trail_example(s3_client, sts_client, cloudtrail_client, trail_name, bucket_name) resp = sts_client.get_caller_identity({}) account_id = resp.account # Attach policy to an Amazon Simple Storage Service (S3) bucket. s3_client.create_bucket(bucket: bucket_name) begin policy = { "Version" => "2012-10-17", "Statement" => [ { "Sid" => "AWSCloudTrailAclCheck20150319", "Effect" => "Allow", "Principal" => { "Service" => "cloudtrail.amazonaws.com" }, "Action" => "s3:GetBucketAcl", "Resource" => "arn:aws:s3:::#{bucket_name}" }, { "Sid" => "AWSCloudTrailWrite20150319", "Effect" => "Allow", "Principal" => { "Service" => "cloudtrail.amazonaws.com" }, "Action" => "s3:PutObject", "Resource" => "arn:aws:s3:::#{bucket_name}/AWSLogs/#{account_id}/*", "Condition" => { "StringEquals" => { "s3:x-amz-acl" => "bucket-owner-full-control" } } } ] }.to_json s3_client.put_bucket_policy( bucket: bucket_name, policy: policy ) puts "Successfully added policy to bucket #{bucket_name}" end begin cloudtrail_client.create_trail({ name: trail_name, # required s3_bucket_name: bucket_name # required }) puts "Successfully created trail: #{trail_name}." rescue StandardError => e puts "Got error trying to create trail #{trail_name}:\n #{e}" puts e exit 1 end
  • API の詳細については、「 API リファレンスCreateTrail」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

次の例は、DeleteTrail を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

client.delete_trail({ name: trail_name # required }) puts "Successfully deleted trail: " + trail_name rescue StandardError => err puts "Got error trying to delete trail: " + trail_name + ":" puts err exit 1 end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteTrail」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

次の例は、ListTrails を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

require "aws-sdk-cloudtrail" # v2: require 'aws-sdk' def describe_trails_example(client) resp = client.describe_trails({}) puts "Found #{resp.trail_list.count} trail(s)." resp.trail_list.each do |trail| puts "Name: " + trail.name puts "S3 bucket name: " + trail.s3_bucket_name puts end
  • API の詳細については、「 API リファレンスListTrails」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

次の例は、LookupEvents を使用する方法を説明しています。

SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

require "aws-sdk-cloudtrail" # v2: require 'aws-sdk' # @param [Object] client def lookup_events_example(client) resp = client.lookup_events puts "Found #{resp.events.count} events:" resp.events.each do |e| puts "Event name: #{e.event_name}" puts "Event ID: #{e.event_id}" puts "Event time: #{e.event_time}" puts "Resources:" e.resources.each do |r| puts " Name: #{r.resource_name}" puts " Type: #{r.resource_type}" puts "" end end end
  • API の詳細については、「 API リファレンスLookupEvents」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby